人気記事

製造現場の予知保全CBMとは?TBMとの違いやメリットを解説

ローカル5Gとは?メリット・デメリットと活用法を解説

スマートファクトリーとは?メリットと推進方法を解説

物流における5つの温度帯と温度管理の必要性について解説

物流現場では、商品を輸送・保管する過程において品質が劣化しないように、倉庫内の適切な温度管理が求められます。 特に食品や医薬品、精密機械などは温度変化の影響を受けやすいため、温度基準に沿って管理することが重要です。 しかし、「温度管理を適切に行うにはどうすればいいのだろう」と疑問を持つ担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、物流における5つの温度帯をはじめ、温度管理の必要性について解説します。

記事を見る

食品工場における衛生管理と温度管理のポイント

HACCP(ハサップ)とは、食品等事業者による原材料の入荷から出荷に至るまでの工程において、食中毒菌汚染や異物混入などのリスクを分析・管理して、製品の安全性を確保する衛生管理の手法です。 生鮮食品や総菜などを取り扱う食品工場においては、食品の品質を保持して安全性を守るために、HACCPに沿った温度管理を適切に行う必要があります。 この記事では、HACCPに沿った衛生管理を踏まえつつ、食品工場における温度管理のポイントについて解説します。

記事を見る

医薬品の適正流通(GDP)ガイドラインに基づく温度管理とは

医療機関や薬局などに医薬品が供給されるまでのプロセスにおいて、製薬会社・卸売販売会社・物流会社など、流通経路の複雑化により、さまざまな人が関与するようになりました。 そのような背景から、厚生労働省では、医薬品の流通過程における品質・完全性を保証することを目的として、『医薬品の適正流通(GDP)ガイドライン』を定めています。GDP(Good Distribution Practice:医薬品の適正流通)ガイドラインには、医薬品の保管・輸送時における“温度管理”について記載されています。 この記事では、GDPガイドラインの概要をはじめ、医薬品の温度管理について解説します。

記事を見る

【IoTの導入】温度管理に必要な機能と導入時の注意点

医薬品や食品の多様化、流通経路の複雑化が見られるいま、GDPに基づく医薬品の品質管理、HACCPに沿った食品の衛生管理の重要性が高まっています。そこで活用が期待されるのがIoTです。この記事では、IoTで温度管理を行うために必要な機能と、導入時の注意点について解説します。

記事を見る


コネクシオのソリューションが5分でわかる!
工業・農業・オフィス・車両・インフラなど、
各分野から抜粋した代表例をご紹介
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

製品情報
最新記事
サイト内検索