catch-img

製造現場の予知保全CBMとは? TBMとの違いやメリットを解説

モノづくりを行う製造現場では、設備・機械の故障を防ぎ、安定して稼働させるための保全活動が求められます。

そうしたなか、近年ではIoT技術を取り入れた次世代の予知保全であるCBMが登場しています。従来のTBMに比べて、より効率的な設備保全ができると期待されています。

そこで本記事では、CBMの基礎知識をはじめ、従来のTBMとの違い、CBM導入のメリットなどをまとめて解説します。



CBMとは

CBMとは、工場内の機械・設備の状態を監視し、その状態に応じてメンテナンスを実施する保全方式です。Condition Based Maintenanceの頭文字を取ったもので、状態基準保全という意味があります。

IoT・AIなどの技術を活用し、設備の劣化・故障などを監視して予測することで故障・不具合が発生する前に適切な修理・部品交換が可能です。

モノづくりを担う製造現場において、安全かつ安定的な稼働を維持し、生産性の向上を図ることを目的として、CBMによる新たな予知保全が推進されています。

出典:経済産業省『Condition Based Maintenance(CBM)への移行



TBMとの違い

CBMと対比される保全方式にTBMがあります。TBMとは、Time Based Maintenanceの頭文字を取ったもので、時間基準保全という意味があります。こちらは、あらかじめ設定した時間・周期に基づいて定期的にメンテナンスを実施する保全方式です。

CBMもTBMも故障や不具合を予防するという目的は同じですが、メンテナンスの実施基準が異なります。


▼CBMとTBMの違い

CBM
設備や機械の状態によってメンテナンス時期・修理箇所が異なる
TBM
設備や機械の状態のよしあしにかかわらず、一定期間ごとにメンテナンスを実施する


TBMでは、設備・機械の状況にかかわらず部品交換や修理を行うため、不要なメンテナンスによる負荷やコスト増などの非効率さが発生しやすくなります。

これに対してCBMは、劣化状況や故障予兆を見極めてメンテナンスを行うため、保全業務の合理化を図れる点がメリットです。CBMへの移行は、TBMに代わる新たな保全活動として注目されています。



CBMへの移行が注目されている背景

CBMによる予知保全が注目されている背景には、企業の保安・保全面での課題があります。

製造現場では、ひとたび設備機器の故障・不具合によるトラブルが発生すると、ライン停止による生産ロス、修理コスト増加などの損失を招く恐れがあります。こうしたトラブルを未然に防ぐためには、より効果的な保全活動が必要です。

しかし、以下の要因などにより、企業の保全・保安力が低下する問題が生じています。


▼保全・保安力が低下する要因

  • 製造現場における設備・機械の経年劣化
  • 保全業務に経験豊かな高齢検査員の退職
  • 若手検査員の経験不足

こうした課題を解決するために、IoTやAIなどを用いて監視・分析が可能なCBMによる予知保全が注目されています。TBMによる非効率さが生じやすいメンテナンスからCBMへ移行することで、より効率的かつ適切な予知保全活動ができると期待されています。

出典:経済産業省『Condition Based Maintenance(CBM)への移行



CBMを導入する3つのメリット

CBMによる予知保全を導入することで3つのメリットが期待できます。


①メンテナンス頻度を最適化できる

CBMを導入することで、設備の稼働状況や部品の劣化状況などを監視・解析して、メンテナンスが必要な個所を洗い出せるようになります。

これにより、不必要な修理や部品交換をなくし、メンテナンスの頻度を最適化することが可能です。検査員の人件費や部品コストの削減にもつながります。


②予兆検知により稼働を安定化できる

一定期間による点検では故障が既に発生しており、生産ロスなどのリスクを防ぐことができません。

一方、CBMではIoT・AIによって設備機器をつねに監視しているため、故障や不具合の予兆を検知することが可能です。

また、稼働データを分析することで機械・部品の寿命も予測できます。トラブルを見逃さず、突発的な生産ライン停止を回避することで、安定した稼働を実現できます。


③保全業務の品質を標準化できる

TBMによる保全活動では、保全業務に伴う巡視点検を人手で行います。そのため、故障・不具合などのチェックが検査員の経験に依存しやすく、若手人材への伝承が困難という課題があります。

IoTやAIを用いたCBMの導入により、検査員の経験に頼っていた巡視点検を自動化することが可能です。保全業務の品質を標準化し、若手人材でも熟練人材と同様の設備管理を実現できます。若手人材へのノウハウ伝承や保全・保安力の強化にもつながります。



まとめ

製造現場における保全活動の強化に向けて、IoTやAIといった先進技術を取り入れたCBMによる予知保全の実施が注目されています。

CBMの導入により、リアルタイムな監視を実施することで故障・不具合の予兆を検知して、未然に防ぐことが可能です。また、設備・機械の巡視点検も自動化できるため、検査員の経験に依存せずに保全業務の品質が標準化できるといった利点もあります。

コネクシオでは、IoTやAIを取り入れた予知保全に役立つソリューションを提供しています。

ポンプ設備の安心パック』では、ポンプにIoTセンサーを取り付けて遠隔で稼働状況を可視化できます。収集・蓄積した生産データを解析できるため、予兆検知や寿命予測にも役立てられます。より安全で安定した稼働に向けて、CBMに取り組んでみてはいかがでしょうか。

5分で理解できる!
Smart Ready IoTソリューションセット
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

予知保全にAI技術を導入するメリットと活用法

2021-08-30

生産工程で発生するさまざまなデータを蓄積して、AIが持つ学習技術・解析機能を活用することで、設備保全体制の強化につながると期待されています。この記事では、製造現場における予知保全の目的を踏まえ、AI技術の活用方法やメリットなどを解説します。

製造現場の予知保全CBMとは? TBMとの違いやメリットを解説

2021-08-30

モノづくりを行う製造現場では、IoT技術を取り入れた次世代の予知保全であるCBMが登場しています。従来のTBMに比べて、より効率的な設備保全ができると期待されています。本記事では、CBMの基礎知識をはじめ、従来のTBMとの違い、CBM導入のメリットなどをまとめて解説します。

製造業が直面する課題と人材難・IT化・技術継承の解決策

2021-07-28

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)の感染拡大によってテレワークが徐々に定着しつつあるなか、製造業もまた時代の変化に適応しなければならない時期にさしかかっています。少子高齢化による人手不足やIT化の遅れ、移り変わる社会情勢に対応しきれていないことなど、製造業が抱える課題と解決策について解説します。

ローカル5Gとは? メリット・デメリットと活用法を解説

2021-07-28

2020年3月、国内で次世代の通信規格として新たに商用化した5G。そうしたなか、通信キャリアが展開する5Gとは別に、企業や自治体などが独自に5Gネットワークを構築できるローカル5Gが登場しました。この記事では、ローカル5Gの仕組みをはじめ、メリット・デメリット、製造業における活用法などを解説します。

プライベートLTE導入の課題と活用シーン

2021-07-28

プライベートLTEは、有線でのネットワーク構築が難しい大規模な工場、遠隔制御装置や監視装置を使用するなど、安定した通信が求められる状況において活用が期待されています。この記事では、プライベートLTEのメリットや導入のために押さえておきたい点、活用が期待できる事業などを解説します。