catch-img

DXやIoT化を加速させる5Gとは? 3つの特徴とメリットを簡単に解説

近年、さまざまな場面で“5G”という言葉を耳にします。

5Gがネットワークに関することとは理解していても、「5Gによって何がどのように変わるのか分からない」「どのような分野で活用できるのか分からない」という方もいるのではないでしょうか。

5Gは、私たちの生活をより豊かにするだけでなく、企業におけるDX・IoT化にも深く関係しています。そのため、DX・IoT化をお考えの企業担当者の方は、メリットや活用分野について理解しておくことが重要です。

この記事では、5Gの特徴やメリット、活用分野を含めて簡単に解説します。


目次[非表示]

  1. 5Gとは
  2. 5Gの3つの特徴
    1. 高速大容量通信
    2. 超低遅延通信
    3. 多数同時接続
  3. 5Gがビジネスにもたらすメリット
    1. IoT化の促進
    2. 新たな製品・サービスの開発
    3. 働き方改革の促進
  4. 5Gの活躍が期待される分野
  5. まとめ


5Gとは

5Gとは“5th Generation”の略で、第5世代移動通信システムを意味します。

日本国内におけるネットワークの通信規格は、これまで1〜4G(第1〜第4世代)があり、現在は4Gが一般的に広く普及しています。5Gは、この4Gに代わる新たな通信規格として登場しました。

5Gの通信環境では、現在の4Gと比べて通信速度や接続品質が向上して、スマートフォンやタブレットなどのデジタルデバイスに限らず、あらゆるモノがネットワークにつながる環境を実現できるようになります。

日々の生活はもちろん、医療現場や製造業・農業・建設業など、さまざまな分野における環境の変化が期待されています。1Gから5Gに至るまでの移動通信システムは、約10年ごとに進化しています。


▼移動通信システムの進化

202206_01_DXやIoT化を加速させる5Gとは? 3つの特徴とメリットを簡単に解説_移動通信システムの進化

画像引用元:総務省『令和2年版 情報通信白書のポイント


通信キャリアでの5Gのサービス提供は2020年3月からスタートしており、今後も段階的に整備される予定です。

また、通信キャリアが展開する5Gとは別に、企業や自治体が独自に構築する“ローカル5G”という通信システムもあります。

ローカル5Gについては、こちらの記事をご確認ください。

  ローカル5Gとは? メリット・デメリットと活用法を解説 2020年3月、国内で次世代の通信規格として新たに商用化した5G。そうしたなか、通信キャリアが展開する5Gとは別に、企業や自治体などが独自に5Gネットワークを構築できるローカル5Gが登場しました。この記事では、ローカル5Gの仕組みをはじめ、メリット・デメリット、製造業における活用法などを解説します。 コネクシオ IoTソリューション

出典:総務省『令和2年版 情報通信白書のポイント』『令和2年版 情報通信白書|我が国における5Gサービスの開始』『第5世代移動通信システム(5G)の今と将来展望



5Gの3つの特徴

5Gには、主に高速大容量通信・超低遅延通信・多数同時接続という3つの特徴があります。


▼5Gの特徴と4Gとの違い


4G
5G
通信速度
約110Mbps~1Gbps
約10~20Gbps
通信遅延
約10ms(0.01秒)
約1ms(0.001秒)
多数同時接続
約10万台/km2
約100万台/km2


高速大容量通信

5Gは4Gと比べて通信技術が進化していることから、大容量データの高速かつスムーズな通信が可能です。総務省によると、5Gの通信速度は4Gの10倍以上になると見込まれています。

これにより、たとえば360度映像やマルチアングル映像、ライブ中継など、大容量のデータを瞬時に送受信できるようになります。


超低遅延通信

通信遅延の時間が4Gの約10分の1まで短縮されるため、タイムラグを意識せずに遠隔地とのリアルタイムな通信が可能になります。

超低遅延通信により、自動車の自動運転や遠隔医療、建設業・製造業における遠隔地のロボット操作などでも、安定した通信を実現できます。


多数同時接続

5Gでは、同時接続できるデバイス数が1km2あたり100万台となり、4Gの約10倍になります。これにより、スマートフォンやタブレットだけでなく、家電、自動車、生産設備など、あらゆるモノとの同時接続が可能です。


▼5Gで変わること

202206_01_DXやIoT化を加速させる5Gとは? 3つの特徴とメリットを簡単に解説_5gで変わること

画像引用元:総務省『第5世代移動通信システム(5G)の今と将来展望

出典:総務省『令和2年版 情報通信白書のポイント』『第5世代移動通信システム(5G)の今と将来展望



5Gがビジネスにもたらすメリット

5Gを利用できるようになると、IoT化の促進をはじめ、新たな製品・サービスの開発、働き方改革の促進など、さまざまなメリットが期待できます。

ここからは、5Gがビジネスにもたらすメリットについて解説します。


IoT化の促進

5Gを利用して、多数同時接続や遠隔地からのリアルタイム通信が可能になることで、企業のIoT化を促進できるメリットがあります。

5GとIoTを組み合わせて、遠隔地からのリアルタイムな操作・監視などができるようになると、業務の効率化につながります。


▼IoTの活用例

  • オフィスの照明器具やエアコンなどをスマートフォンで操作する
  • 倉庫や管理室などの入退室管理をリアルタイムで行う
  • IoTセンサーでデータを収集して稼働状況を遠隔監視する


新たな製品・サービスの開発

5Gの特徴を生かして、新たな製品・サービス開発につなげられることもメリットの一つです。

利便性の向上や付加価値の創出によって、企業価値、顧客満足度の向上が期待できます。


▼新たな製品・サービスの例

  • IPカメラで収集した高精細画像をクラウドで監視するモニタリングサービス
  • ウェアラブル装置やIPカメラによる患者・高齢者の見守りサービス


働き方改革の促進

5Gの活用により、さまざまなデバイスから場所を選ばず円滑に通信できる環境を構築できます。これにより、多様な働き方の実現、業務効率化といった働き方改革の促進が期待できます。


▼働き方改革の促進につながる例

  • リモートワーク中の複数の従業員とタイムラグのないWeb会議を行う
  • 外出先のパソコンから会社のサーバにアクセスして業務を行う
  • 給餌ロボットや薬剤散布ドローンを使い、自宅から畜産・農作業管理を遠隔で行う 

出典:総務省『第5世代移動通信システム(5G)の今と将来展望



5Gの活躍が期待される分野

5Gの活躍が期待される分野の一例として、スマートファクトリー・スマート農業が挙げられます。


▼スマートファクトリー・スマート農業の概要

スマートファクトリー
  • IoT・AIなどの先進技術を活用した新たな工場のこと
  • 工場内設備の見える化・自動化・データ活用などを実現
スマート農業
  • IoT・AI・ロボットなどの先進技術を活用した新たな農業のこと
  • 省力化・精密化・高品質生産などを実現


こうしたスマートファクトリー・スマート農業の実現には、生産設備・機械などから情報を収集してビッグデータを利活用できるインフラ環境が求められます。

大容量データの通信を高速かつリアルタイムに送受信できる5Gは、まさにIoTやAIの活用を促進するカギといえます。


▼5Gの活用例

▽スマートファクトリー

  • 生産ラインに設置したIoTセンサーから温湿度や振動を察知して、予知保全を行う
  • 熟練者の手元を撮影した映像をAIが分析して、技術継承に役立てる
  • AR技術を用いて点検精度の標準化を図る


▽スマート農業

  • ビニールハウス内に設置したIoTセンサーから収集した温湿度や照度などのデータを遠隔監視して、品質管理を行う
  • 農作物の生育状況と天候データを収集して、AIによる収穫予測を行う


スマートファクトリー・スマート農業については、こちらの記事で詳しく解説しています。併せてご確認ください。

  スマートファクトリーの実情と5G導入で期待できるメリット 近年、工場の設備や機械をインターネットで接続するスマートファクトリーが注目されています。そうしたなか、スマートファクトリー化を後押しする次世代の通信技術として、高速大容量通信や多数同時接続に対応した5G回線が登場しました。この記事では、5Gの基礎知識や特徴、スマートファクトリー市場の現状、5Gを活用することによる具体的なメリットなどを解説します。 コネクシオ IoTソリューション


  スマート農業を実現するIoT機器とは? 導入事例やソリューションを紹介 現在、国内の農業は、生産者の高齢化や減少による人材不足、異常気象による農作物への被害といったさまざまな課題を抱えています。このような課題が懸念されるなか、IoTを活用した生産管理や品質管理、流通など、農業経営全体の効率化を実現する“スマート農業”が注目されています。この記事では、スマート農業を実現するためのIoT機器をはじめ、畜産業におけるIoTの導入事例について紹介します。 コネクシオ IoTソリューション



まとめ

この記事では、次世代通信規格の5Gについて以下の内容を解説しました。

  • 5Gとは
  • 5Gの3つの特徴
  • 5Gがビジネスにもたらすメリット
  • 5Gの活躍が期待される分野

5Gは、高速大容量通信・超低遅延・多数同時接続といった3つの特徴を持つ次世代通信規格です。4Gと比べて通信技術が向上しているため、日々の生活やビジネス環境においても大きな変化が見込まれています。

企業においては、IoT化や働き方改革の促進、新たな製品・サービスの開発などに役立てられるといったメリットがあります。また、IoT化、DXの推進においても、5Gが大きな役割を果たすと期待されています。

なお、IoT化、DXの促進において、ソリューションやゲートウェイなどを活用するのも有効な方法の一つです。コネクシオでは、20年以上蓄積してきたIoT導入・活用ノウハウを無料で公開しています。すべての資料が無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

  お役立ち資料 コネクシオ株式会社|資料ダウンロード|ebook コネクシオ IoTソリューション


5分でわかる!
Smart Ready IoTソリューションセットまるわかり大全
工業・農業・オフィス・車両・インフラなど、
各分野から抜粋した代表例をご紹介
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

閉じる
製品情報
最新記事
サイト内検索