catch-img

スマート農業を実現するIoT機器とは? 導入事例やソリューションを紹介

現在、国内の農業は、生産者の高齢化や減少による人材不足、異常気象による農作物への被害といったさまざまな課題を抱えています。特に、人手不足が与える影響は大きく、労働力が不足することによる栽培面積の縮小や廃園を強いられる可能性もあります。そうなってしまった際に懸念されるのは、生産量や売り上げの減少です。

このような課題が懸念されるなか、IoTを活用した生産管理や品質管理、流通など、農業経営全体の効率化を実現する“スマート農業”が注目されています。

しかし、「スマート農業を実現するIoT機器の種類や活用方法が分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、スマート農業を実現するためのIoT機器をはじめ、畜産業におけるIoTの導入事例について紹介します。

目次[非表示]

  1. スマート農業に必要なIoT機器
    1. センサーやカメラ
    2. 自動制御システム
  2. IoTの導入事例
  3. 農業が抱える課題をIoTで解決
  4. まとめ

※牛の分娩予兆監視の事例が知りたい方はこちらから


スマート農業に必要なIoT機器

スマート農業の実現には、栽培環境や家畜の生育環境などの情報を収集するためのセンサー、カメラ、環境を自動でコントロールできるIoT機器が必要です。

ここでは、スマート農業を実現するためのIoT機器について紹介します。


センサーやカメラ

農作物の育成には、気候や土壌の水分量、二酸化炭素排出量などの生育環境が影響します。また、畜産業では、家畜の体調や餌の量を把握することが欠かせません。

これらの情報をセンサーやカメラによって取得して可視化することで、環境や生育状況に適した対応を行いやすくなります。

また、遠隔地にいながら24時間・365日のデータを計測できるため、生産者が巡回して計測をする労力を削減できます。さらに、データに基づいた生産管理によって計画的な栽培や飼育が可能になるため、品質の安定・向上、生産性の改善にもつながります。


▼センサーやカメラの活用例

センサーやカメラの種類
活用例
土壌センサー
田畑の水分量を計測する
温度・湿度センサー
ビニールハウス内の温度・湿度を計測する
IPカメラ
無線のIPカメラで農作物を遠隔監視して、生育をモニタリングする
サーモカメラ
家畜の体温を計測する


自動制御システム

農作物の栽培設備や畜舎の環境管理設備などを自動でコントロールする自動制御システムは、センサーやカメラから収集したデータと連携することで、人の手を介さずに環境制御を自動化できます。

環境管理のために現場に足を運ぶ必要がなくなるため、農作業の効率化、生産者の負担軽減につながります。

また、データに基づいて栽培設備の制御を自動化することで、知識や経験に頼らない栽培管理が可能です。人手不足や高齢化による技術継承といった課題の解決に貢献します。


▼自動制御システムの活用例

  • ビニールハウス内の温度・湿度をセンサーで計測して、換気扇や巻取り装置の開閉を自動で行う
  • 土壌の水分量を計測して、水分量が不足している場所に自動で潅水を行う
  • 畜舎内の温度をモニタリングして、温度が低い場合はヒーターをつけて、温度が高い場合は換気する



IoTの導入事例

ここからは、コネクシオのIoTソリューションを畜産業に導入した事例を紹介します。


▼ファーマーズサポート株式会社さまの導入事例

  コネクシオIoT事例:牛の分娩の予兆検知:ファーマーズサポート株式会社 牛の分娩の予兆をAIで検知。遠隔でわかるIoTシステムの事例をご紹介します。 コネクシオ IoTソリューション


企業名
ファーマーズサポート株式会社
業種
システム開発


ファーマーズサポート株式会社さまは、畜産をはじめとした一次産業向けにICT・人工知能などを活用したシステムの研究開発や提供を行っています。

牛舎にIPカメラを設置するとともに、IoTゲートウェイからネットワークを経由して、クラウドへデータを送信する体制を構築しました。

牛の状況を遠隔地から監視できるようになったことで、牛舎の巡回を行う負担が削減されました。

また、牛の体温や行動を分析して分娩兆候を検知すると、畜産農家の方へと自動通知されるため、分娩準備をいち早く行えるほか、待機時間を削減できるようになりました。IPカメラは非接触型のため、牛にストレスをかけることなく体調管理が可能です。

▼ファーマーズサポート株式会社さまの事例について、詳しくはこちら
導入事例:牛の分娩の予兆を検知。待機時間削減で農家の負担軽減


コネクシオでは、農業・畜産業の業務効率化や品質管理などに役立つIoTソリューションを提供しています。ぜひこちらもご確認ください。

▼Smart Ready IoTソリューションセット 

  Smart Ready IoT ソリューションセット コネクシオ株式会社|IoT導入をスピーディーに、そして最適な状態で進めていただけるようなサービスやプロダクトをご用意しています。|SmartReadyIoT|Smart Ready IoT ソリューションセット コネクシオ IoTソリューション



農業が抱える課題をIoTで解決

IoTを導入したスマート農業は、生産者の高齢化や人材不足、異常気象の影響による不安定な生産といった課題を解決する新たな農業として期待されています。

センサーやカメラ、自動制御システムを導入することにより、農作物や家畜の生育環境の計測、管理設備の制御を自動化できます。農作業を省力化できるため、生産者の負担軽減につながります。

また、生育状況・栽培環境をリアルタイムで計測することで、天候不順や自然災害、病害発生などのリスクを迅速にキャッチして、適切な対策がとれるようになります。

さらに、IoT機器で取得したデータを蓄積・分析して、栽培に必要な技術・知識・判断などを数値化することも可能です。これにより、知識や経験に頼らない再現性のある生育管理体制を構築して、新規就農者への継続的な栽培技術継承に役立てられます。未経験の人材に対して就農の敷居を下げることで、担い手の獲得も期待できます。



まとめ

今回は、農業の課題を解決へ導くスマート農業の実現を検討中の方に向け、次の項目について解説しました。

  • スマート農業に必要なIoT機器
  • 畜産業のIoTの導入事例
  • 農業のIoT活用に期待されていること

農業・畜産業で活用できるIoT機器には、生育状況や栽培環境などのデータを収集するセンサー、カメラのほか、栽培設備や畜舎の環境管理設備を自動制御するシステムなどがあります。

IoT機器やシステムの導入により、高齢化や人材不足をはじめとする農業の課題を解決に導きながら、農作物・畜産物などの安定した生産や品質の向上につなげることが可能になります。

「スマート農業を実現して業務の負担を削減したい」「異常気象に左右されずに品質を安定させたい」という場合は、IoTを導入・活用してみてはいかがでしょうか。『コネクシオ』では、農業・畜産業の生産性向上や品質安定化に役立つIoTソリューションを提供していますので、ぜひお気軽にお問合せください。

5分でわかる!
Smart Ready IoTソリューションセットまるわかり大全
工業・農業・オフィス・車両・インフラなど、
各分野から抜粋した代表例をご紹介
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

閉じる
製品情報
最新記事
サイト内検索