【エッジコンピューティング】×【車載対応】×【海外対応】

エッジコンピューティング

  • 画像認識・予知保全・AIによるリアルタイム検知
  • 高性能QuadコアCPU、GPUを搭載し演算性能を強化
  • 機械学習モデル連携対応予定
  • AWS IoT Greengrass認定デバイス
  • Azure Certified for IoT対応認定デバイス
  • SORACOM認定デバイス

車載対応

  • CAN I/Fを2系統搭載
  • 車載向けの堅牢性、 動作温度・電圧を確保
  • 車両の稼働分析や遠隔操作を実現
  • GNSS搭載(GPS ,  QZSS 〈みちびき〉, GLONASS , BeiDou , Galileo )
  • ACCによる停止が可能

海外対応

  • 日本の「技適」や「PSE」だけではなく世界各国の電波法や製品安全に関する認証を取得。
  • 国内で活用した周辺機器・アプリケーションを海外でも利用可能に。

多様なセンサーI/Fに対応

  • 組み込みに適したLinux(Yocto Project) 採用
  • アプリケーション開発SDK を提供予定

高い拡張性

  • さまざまな機器やセンサーと接続可能
  • LPWA、Wi-SUN、EnOcean などオプション追加可能
CONEXIOBlackBearの特徴や活用法と合わせ
事例集もダウンロード頂けます

仕様

本体寸法  W171.9×D114.0×H42.5mm(突起物を除く) フランジを入れるとW199.0mm
本体重量 約600g
CPU ARM Cortex-A9 1.0GHz Quadコア 
GPU  i.MX6 SoC 内蔵 GPU(Vivante GC2000)
RAM容量 2GB
ROM容量 32GB(eMMC)
OS Yocto Linux -4.9.88
LTE

日本向け仕様:LTE only(docomo、au、SoftBank)

海外向けモデル:LTE,3G,2G仕向地による

GNSS  GPS L1C/A,  QZSS 〈みちびき〉L1C/A, GLONASS L1OF, BeiDou B1I, Galileo E1B/C
電源  9~32V

 

海外対応

【取得済み】日本・台湾、アメリカ・カナダ、EU28ヶ国、 アイスランド、ノルウェー、スイス、リヒテンシュタイン、トルコ 【取得予定】ASEAN9ヶ国(インドネシア、マレーシア、 フィリピン、シンガポール、タイ、ブルネイ、ベトナム、ラオス、 カンボジア)、インド ※対応国・地域は今後順次拡大予定

搭載I/F  Ethernet(10BASE-Te/100BASE-TX/1000BASE-T), WiFi(802.11 ac/a/b/g/n), USB2.0 Type A, Bluetooth4.2(BLE) RS485/RS422/RS232C(選択可能), CAN×2, DIx4, DOx4, LED×6, microSDXCカードスロット
動作温度 -20~+70℃
耐震性 振動:2.83G(ISO16750-3)
衝撃:50G(ISO16750-3)
防塵/防滴  IP40

■価格:オープン価格  ※仕様・デザインは、予告なく変更される場合があります。
※CONEXIOBlackBearはコネクシオ株式会社の登録商標です

ご紹介動画

CONEXIOBlackBear 資料ダウンロード