サービタイゼーション

servitization
用語の意味

サービタイゼーションとは、生産した製品を販売し売上を上げるのではなく、製品をサービスとして顧客に提供することによって売上を上げるビジネスモデルのことです。
製造業ではもともと、製品を製造・販売する。いわゆる”モノ売り”が主流でした。しかし時代の流れとともに、製品を活用するためのサービスも含んだ形で提供し収益を上げていく”コト”に注目したビジネスモデルへシフトされてきています。

もっと深く語るなら

当社では製品を「売るだけ」ではなく、お客様先にて収集したデータを継続的に活用頂けるようなサービスを提供しております。
例えば下記事例のように、お客様の製造している機器に当社サービスを組み込むことで、製造業のお客様に向けたサービタイゼーションの実現を支援しています。

【事例】
販売機械の状態把握を実現
新たな事業展開を推進

企業のIoT化をコネクシオがサポートします

5分でわかる!
Smart Ready IoTソリューションセットまるわかり大全
工業・農業・オフィス・車両・インフラなど、
各分野から抜粋した代表例をご紹介
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください