IoTで新たな価値を創る
サービタイゼーション事例

製造工場における新たな価値とは?自社製品に付加価値をつけるには?

製造業において、良い品質の製品を作りさえすれば売れる時代は終わり、これからは購入後の利用体験まで考えていくことが重 要となります。先進的な企業の一部はこの変化にいち早く対応しており、製品を販売して売り切り型の売上をつくるだけではな く、製品をサービスとして顧客に提供するようなビジネスモデルへと変革を遂げています。
このような新たなビジネスモデルを 「サービタイゼーション」と呼びます。
本書では、製造業のサービタイゼーションを実現する上で、重要なポイントの一つであるIoTの活用について解説します。


本資料は以下のような課題をお持ちの方向けです。

・製造業において、新たな価値を創出していきたい
・”サービタイゼーション”には興味があるが、どのような機器 を使ってどのようにデータを集め、
 どう活用すれば良いのかわからない。

お役立ちeBookの紹介

製造工場における新たな価値とは?自社製品に付加価値をつけるには?
IoTで新たな価値を創るサービタイゼーション事例
1章 新たな価値創出が必要な背景
・モノからコト提供の時代へ ー 今、製造業へ求められること
・ 新な価値を創出する「サービタイゼーション」とは
・ 製造業の「サービタイゼーション」へのニーズ


2章 IoTで新たな価値を創るサービタイゼーション
・ 製造業のサービタイゼーションに必要なIoT
・ サービタイゼーションのケース-遠隔監視で受動的から能動的な
  保守サービス
・ サービタイゼーション実現のステップ
3章 サービタイゼーションの実現をIoTで支援する
   ソリューションパートナー「コネクシオ」
・ IoT実装までをワンストップでサポートする「コネクシオ」とは
・ 実績・事例:建設重機稼働データ収集/遠隔監視
・ モデルケース:工場用機器の予兆検知による保全