catch-img

エッジコンピューティングとは? メリットや課題を分かりやすく解説

従来のクラウドコンピューティングに代わり、エッジ側でデータを処理を行うエッジコンピューティング。本記事では、エッジコンピューティングとはどのような仕組みなのか、メリットや課題と併せて解説します。

​​​​​​​

エッジコンピューティングとは

“エッジ(edge)”は、日本語で“端”のことを指します。

その意味の通り、ネットワークの中で使われるエッジとは、末端機器(データの活用現場)を指す場合に使われる単語です。具体的には、データの発生源となる工場の製造設備などがエッジとして挙げられます。

近年は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の普及に伴って、クラウド上に膨大な量のデータが送られており、クラウドへの負荷が問題視されています。そして、クラウドへの負荷がかかることによりデータ処理速度の遅延を招き、IoTの強みを生かしきれない状況に。

エッジコンピューティングとは、そうした課題を解消するため、システムの末端(エッジ)にデータ処理や保管を分散配置することで、上位の演算や通信の負荷を軽減する仕組みです。ネットワークの経路に負荷が集中するのを防ぐため、遅延が減少してデータの処理速度が向上します。このような仕組みは“エッジ処理”とも呼ばれています。

※IoTについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご参照ください。

  IoTとは? IoTの基礎知識や実現できることを解説 | コネクシオ IoTソリューション IoT(Internet of Things:モノのインターネット)という言葉は知っていても、実際にどのようなことを指すのか、実態や活用例を知らない方も多いのではないでしょうか?本記事では、IoTとは何か、IoTで実現できることを具体例とともに解説します。 コネクシオ IoTソリューション



エッジコンピューティングのメリット

IT化が進んだことで、業務内で多くのデータ処理を求められることが増えたという企業も多いのではないでしょうか。近年、多くのデータを扱ったり、すばやいデータ処理が必要とされたりする業種などでエッジコンピューティングに関心が寄せられています。

なぜエッジコンピューティングが注目されているのでしょうか。その理由は、以下のようなメリットがあるためです。


通信量の削減

利便性の高さから、クラウドを活用してデータの集約を行うケースは多いものの、クラウド環境は通信速度に依存するため、状況によって転送コストも多くなります。エッジコンピューティングは、クラウド環境にデータを集めて処理をする方法と比べ、物理的に近い距離にデータがあることになります。そのため、通信量の削減につながります。


データトラフィックの最適化

日常のあらゆる場所でIT技術が活用されている現在、国内におけるデータトラフィックは増加の一途をたどっています。

2020年には5Gの導入も始まり、さまざまな分野でIoT機器の導入が進むなか、さらなる増加が見込めるでしょう。トラフィックが増加して処理が集中すると、サービスや業務品質の低下につながります。また、クラウド環境に障害を起こす原因にもなるのです。

エッジコンピューティングを活用して、できるだけエッジ側でデータ処理を行うことでデータトラフィックの最適化が図れます。

上述でも触れましたが、クラウドはネットワークの通信環境に依存します。クラウドの場合、データを通信・処理するまでに多少の誤差が発生します。

一方、エッジコンピューティングは、末端のデバイスが処理するためネットワーク通信を必要としません。処理スピードが早く、リアルタイム性の維持が可能です。



エッジコンピューティングの課題

セキュリティ対策が十分でないエッジ端末は外部からのセキュリティ攻撃を受けるきっかけとなり、ひいては機密情報が蓄積されたコアシステムへの侵入を許すことにもなりえるでしょう。

IoT機器の導入を検討する場合は、機器の機能だけでなくセキュリティリスクについて十分に考慮しましょう。

エッジコンピューティングにはデータトラフィックの最適化・安定化のほか、リアルタイム性の維持などさまざまなメリットがありますが、セキュリティリスクに課題があります。
IoT機器のなかにはセキュリティ設定がない製品もあるため、導入を検討する場合はセキュリティ対策が講じられる製品を選択することが大切です。

コネクシオでは、エッジコンピューティング・ゲートウェイである『CONEXIOBlackBear(コネクシオブラックベア)』をご提供しています。CONEXIOBlackBearは、日本国内だけでなく海外の主要国での使用にも対応可能です。堅牢で衝撃や振動に強く車載対応。また、4コアCPU・GPUを搭載しているため、CONEXIOBlackBear内でのAI・画像処理・データ分析の高速処理を実現します。
海外対応・車載対応・エッジコンピューティングの3つを兼ね備えただけでなく、従来の課題であったセキュリティリスク面での課題も担保。トレンドマイクロ社とのコラボレーションによりセキュリティの向上を実現します。

詳しい資料もご用意しています。よろしければご参照ください。

5分で理解できる!
Smart Ready IoTソリューションセット
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

工場内の古い機械もIoT化できる? 導入の効果や方法を解説

2021-09-22

デジタル技術の発展により、さまざまなモノがインターネットとつながるIoT化が進んでいます。工場の設備・機械にIoTを活用しようと思いつつも、「どのようにIoT化を進めていけばよいのか具体的な取り組みが分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、製造現場におけるIoTの導入状況を踏まえつつ、機械をIoT化する効果や方法などを解説します。

工場の巡回・点検業務を効率化して負荷を軽減する方法

2021-09-22

企業の人手不足が深刻化するなか、自社の工場内で設備・機械の点検業務に多くの労力を要している現場もあるのではないでしょうか。なかでも、アナログメーターの場合は人の目による読み取りが必要になるため、点検者の負荷も大きくなります。この記事では、人手による巡回・点検業務の課題や効率化方法について解説します。

予防保全とは? 事後保全との違いとIoT活用による予知保全を解説

2021-09-22

製造現場で日々稼働している設備や機械を管理して安定した稼働を実現するには、適切な保全活動が欠かせません。保全活動には予防保全・事後保全などがありますが、近年はIoTを活用した“予知保全”も取り入れられています。この記事では、製造現場の設備・機械を適切に管理するための予防保全と事後保全の違い、IoTを活用した予知保全について解説します。

予知保全にAI技術を導入するメリットと活用法

2021-08-30

生産工程で発生するさまざまなデータを蓄積して、AIが持つ学習技術・解析機能を活用することで、設備保全体制の強化につながると期待されています。この記事では、製造現場における予知保全の目的を踏まえ、AI技術の活用方法やメリットなどを解説します。

製造現場の予知保全CBMとは? TBMとの違いやメリットを解説

2021-08-30

モノづくりを行う製造現場では、IoT技術を取り入れた次世代の予知保全であるCBMが登場しています。従来のTBMに比べて、より効率的な設備保全ができると期待されています。本記事では、CBMの基礎知識をはじめ、従来のTBMとの違い、CBM導入のメリットなどをまとめて解説します。