【IoT活用】温度管理システムを導入するメリット・デメリット

医薬品や食品を取扱う現場では、安全性・品質を確保するために適切な温度管理が求められます。その温度管理に役立つ取組みの一つに、温度管理システムの導入があります。

薬品工場や食品工場、物流倉庫などにおいて、温度管理システムの導入を検討しながら、「どのようなメリットがあるのだろう」「デメリットについても知っておきたい」と考えている担当者の方もいるのではないでしょうか。

この記事では、温度管理システムを導入するメリット・デメリットについて解説します。


目次[非表示]

  1. 温度管理システムのメリット
    1. ①業務負担の軽減
    2. ②人的ミスの防止
    3. ③リアルタイム監視の実現
  2. 温度管理システムのデメリット
    1. ①導入コストの発生
    2. ②温度管理フローの見直し
    3. ③既存設備・システムとの連携性
  3. スピーディなIoT化を実現するコネクシオの『冷温庫の遠隔監視』
  4. まとめ

関連記事

  DXの身近な4つの例と企業がDXに取組むメリット 近年、DXはビジネスシーンの幅広い分野で広がりを見せています。しかし、「自社の業務や商品・サービスにどのように取り入れたらよいか分からない」という方も多いのではないでしょうか。本記事では、DXの身近な例と企業がDXに取組むメリットについて紹介します。 コネクシオ IoTソリューション


温度管理システムのメリット

温度管理システムの導入は、企業側にさまざまなメリットをもたらすことが期待できます。ここでは、導入による主なメリットを3つご紹介します。


①業務負担の軽減

1つ目は、現場の業務負担の軽減です。

温度管理システムを導入することで、冷蔵庫や保管庫などに設置した温度センサーから自動的に温度を計測して、システム上でデータを蓄積・管理できるようになります。

パソコン・スマートフォンなどで温度を確認できるため、温度計測のための定期的な巡回点検や、手作業での記録を行う必要がありません。

結果的に、温度管理業務の負担を軽減できるほか、現場の省人化、生産性の向上も期待できます。


②人的ミスの防止

2つ目は、温度計測や記録作業における人的ミスの防止です。

温度管理では、目視での計測器の読み取りや、手書きでの記録・集計作業などにおいて、確認ミス・計算ミスなどが発生するリスクがあります。

温度管理の情報に漏れや誤記がある場合、正確な計測データの集計・分析ができずに、記録データの信憑性が失われてしまいます。

温度管理システムを導入して活用すれば、正確な温度を自動的に記録・集計できるため、人的ミスの発生を防止することが可能です。これにより、温度管理の精度が向上して、工場や病院などにおける安全衛生管理体制の強化につながります。


③リアルタイム監視の実現

3つ目は、保管庫や冷温庫などの温度状況をリアルタイムで遠隔監視できることです。

人手で温度を計測・記録する際、連続的にデータを取得することが難しく、温度異常が発生した際に、すぐに気づけない可能性があります。また、温度上昇時の対応が遅れた場合、食品・医薬品などの品質劣化・廃棄につながる恐れもあります。

温度管理システムを導入することにより、一定間隔で温度の計測・記録が行われるだけでなく、データを遠隔地からリアルタイムに監視することが可能です。



温度管理システムのデメリット

さまざまなメリットを持つ温度管理システムですが、導入前に理解しておきたいデメリットもいくつかあります。

ここでは、温度管理システムの導入時に注意したい3つのデメリットについて解説します。


①導入コストの発生

1つ目は、導入コストが高額になる可能性があることです。温度管理システムの導入には、システム自体の費用に加えて、IoTセンサーの導入や無線通信環境の整備などにかかる費用も考慮する必要があります。

大規模な工場や研究施設などで導入する場合には、導入コストが高額になるケースもあります。

導入の際は、自社の規模に応じてプランを選定できるクラウド型サービスや、パッケージ化されたIoTソリューションを活用するなど、コスト調整を行うことが重要です。


②温度管理フローの見直し

2つ目は、社内の温度管理フローの見直し・変更が必要になる可能性があることです。

これまで人手で行ってきた温度管理から、温度管理システムへ移行することで、温度計測やデータ管理、帳簿管理などの業務方法・手順が変わります。

温度管理フローを整えていないまま導入してしまった場合、現場に混乱を招くほか、製造・物流ラインにも影響が出る可能性もあります。温度管理システムの導入から定着までをスムーズに行うには、事前に管理フローを整備しておくことが重要です。


③既存設備・システムとの連携性

3つ目は、導入時に設備の入れ替えや工事が必要になる可能性があることです。

温度管理システムを選定する際、既存設備に簡単に設置できるか、既存システムと連携できるかどうかについて確認が必要です。

また、導入後に滞りなく活用するためには、自社の温度管理体制に合わせて機能をカスタマイズできるか、メンテナンスを行いやすいかなども考慮してシステムを選定することが大切です。


関連記事

  【IoTの導入】温度管理に必要な機能と導入時の注意点 医薬品や食品の多様化、流通経路の複雑化が見られるいま、GDPに基づく医薬品の品質管理、HACCPに沿った食品の衛生管理の重要性が高まっています。そこで活用が期待されるのがIoTです。この記事では、IoTで温度管理を行うために必要な機能と、導入時の注意点について解説します。 コネクシオ IoTソリューション



スピーディなIoT化を実現するコネクシオの『冷温庫の遠隔監視』

温度管理システムによって温度管理のIoT化を図りたい場合、有効な手段として活用できるのが、コネクシオの『冷温庫の遠隔監視』です。

冷温庫の遠隔監視は、IoTセンサーやクラウド、ゲートウェイデバイスなどが一体となった温度管理システムです。保管庫や冷温庫内の温度を自動で計測して、クラウド上でデータを蓄積・管理することで、温度管理の業務負担を軽減できます。

また、複数の設備情報を遠隔地からリアルタイムで監視することで、効率的かつ安定した温度管理が実現可能です。

さらに、異常温度を検知した際に自動でアラートが通知されるため、異常発生時の初期対応も迅速に行えるようになります。これにより、温度管理設備における予知保全、品質劣化の防止などの実現が期待できます。

そのほか、磁石でIoTセンサーを設置するだけという手軽さで、工事や設備入れ替えが必要ありません。既存の設備・システムとの連携や、個別のカスタマイズにも対応しているため、工場や病院などの施設全体でのIoT化も後押しします。

冷温庫の遠隔監視の導入フローは以下のとおりです。


▼導入フロー

  • 冷温庫やフリーザーなど、温度を計測したい設備にIoTセンサーを設置する
  • ゲートウェイデバイスを設置して、センサー情報をクラウドに伝送する
  • 温度データをパソコンやスマートフォンで確認する


なお、あらかじめ設定を行った機器を納品するため、設置後すぐに温度管理をIoT化することが可能です。

冷温庫の遠隔監視ソリューションについては、こちらをご確認ください。

  冷温庫の遠隔監視 コネクシオ株式会社|「冷温庫の遠隔監視」は冷蔵庫、保温庫などの温度管理を簡単に自動化するソリューションセットです。既存設備の点検業務の負担低減に。[Smart Ready IoT]は、センサーからゲートウェイ、通信、アプリケーションまでパッケージ化して提供し、IoTの迅速な導入を支援します。 コネクシオ IoTソリューション



まとめ

この記事では、温度管理システムについて以下の内容を解説しました。

  • 温度管理システム導入のメリット
  • 温度管理システム導入のデメリット
  • コネクシオの冷温庫の遠隔監視ソリューション

温度管理システムを導入することで、温度管理業務の負担を軽減できるほか、人的ミスの防止、リアルタイムな遠隔監視の実現など、計測精度の向上につながるメリットがあります。

一方で、導入時のコストが高額になる可能性があることや、管理フローの見直しが必要になるなどのデメリットもあります。既存設備・システムとの連携ができない場合には、設備の入れ替えや工事が必要になる可能性がある点にも注意が必要です。

コネクシオの『冷温庫の遠隔監視』は、工事不要で導入できるだけでなく、既存システムとの連携、カスタマイズにも対応しています。「複数設備の温度管理を一元化したい」「労力をかけずに温度管理システムを導入したい」という場合は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。
​​​​​​​冷温庫の遠隔監視に関する詳細は、こちらをご確認ください。

また、ポンプ設備の予知保全や古い機械のデータ化などを実現するコネクシオのIoTソリューションセットに関する詳細は、ぜひこちらの資料をご覧ください。

  【資料DL】SRIまるわかり大全ご紹介資料ダウンロード コネクシオ株式会社|IoTソリューションに関するお問い合わせはこちらから。 コネクシオ IoTソリューション


5分でわかる!
Smart Ready IoTソリューションセットまるわかり大全
工業・農業・オフィス・車両・インフラなど、
各分野から抜粋した代表例をご紹介
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

製品情報
最新記事
サイト内検索