catch-img

工場の巡回・点検業務を効率化して負荷を軽減する方法

企業の人手不足が深刻化するなか、自社の工場内で設備・機械の点検業務に多くの労力を要している現場もあるのではないでしょうか。

なかでも、アナログメーターの場合は人の目による読み取りが必要になるため、点検者の負荷も大きくなります。限られたリソースで点検業務を行うためには、報告・承認という一連の作業の効率化が不可欠です。

この記事では、人手による巡回・点検業務の課題や効率化方法について解説します。



人手による巡回・点検業務の課題

工場内の設備・機械の点検業務は、正常な稼働状況を維持したり、トラブルや不具合などを防いだりするために欠かせません。

しかし、目視でのチェックや紙面のチェックシートの使用などのアナログな方法で点検している場合には、以下の課題が発生します。


アナログメーターの読み取りに時間と労力がかかる

工場内のあらゆる設備・機械のアナログメーターを目視で読み取る場合、時間と労力がかかります。

大規模の製造現場になれば、設備・機械の数が増えるほか移動距離も長くなるため、巡回業務に負荷がかかりやすいという課題が挙げられます。


データの共有にタイムラグが発生する

紙面のチェックシートを使って点検の記録をしている場合、データの読み取り後にシステムへの入力作業が発生します。

点検時のデータを現場に反映するまでにタイムラグが発生するため、設備異常があった場合に即座に対応できません。設備状況・トラブル予兆をリアルタイムに把握できないことから、生産ストップや故障につながる恐れがあります。


データの確認・承認・分析に労力がかかる

工場内の巡回・点検業務では、膨大な点検データを確認・承認して分析を行います。

しかし、これらの作業を人手で行う場合、多大な時間と労力が発生します。管理者に業務負荷がかかることで、工場全体の生産性の低下を招く可能性があります。


人的ミス・ばらつきが発生しやすい

目視で設備・機械を点検する場合、チェックシートへの記入ミスやシステムへの入力ミスが発生しやすくなることも課題の一つです。

さらに、点検者によって記録の取り方や精度にばらつきが生じた場合、点検データの整合性が取れずに正しいデータ分析ができなくなる可能性があります。



アナログな点検業務をIoTで効率化

人手による巡回・点検業務は時間や労力を要するほか、人的ミスが発生しやすくデータの整合性を確保しにくいなどの課題があります。こうした課題を解決するためには、IoTを活用した点検業務の自動化が有効です。

コネクシオのソリューション『Smart Ready IoTメーター読み取り』では、古い機械をIoT化して巡回・点検業務の自動化を図ることができます。

既存の設備・機器にIoTのメーター読み取りカメラを設置することで、目視・手書きによる点検業務が不要となり、自動でデータ化が可能です。工事も一切不要なため、設備機器を停止することなく導入できます。




点検業務のIoT化で期待できる効果

ここでは、『Smart Ready IoTメーター読み取り』を導入して巡回・点検業務にIoTを活用することで期待できる4つの効果を紹介します。


①巡回・点検業務を省人化できる

設備・機械にIP/USBカメラを設置することで、アナログメーターの読み取りを自動化できます。

点検者が工場内を巡回して目視・手書きで点検する必要がなくなります。点検業務にかかる工数・労力を削減できるため、現場の省人化が可能です。


②トラブル発生前に対処できる

IP/USBカメラによって設備・機械の稼働状況をリアルタイムに監視できるため、不具合や故障をすばやく検知して対処することが可能です。不良品の発生や生産ラインの停止を防げるようになります。


③点検データ管理の負荷を軽減できる

設備・機械の点検データはIP/USBカメラから自動で集計されるため、紙面の点検報告書を手渡しする必要がありません。

管理者はパソコンから確認・承認できるため、点検にかかる時間・労力を削減できます。点検にかかる一連の業務を効率化することで、管理者の負荷軽減にもつながります。


④点検作業の標準化により品質向上につながる

IoTによって点検業務を自動化することで、点検データを手書きで転記したり、システムに手入力したりといった作業が不要になるため人的ミスの削減が可能です。

また、入力箇所や記録方法にばらつきが生じるのを防ぎ、点検業務を標準化できるメリットもあります。正確なデータを用いて分析できるため、故障・不具合の防止に向けた適切な対策を講じて生産品質の向上が期待できます。



まとめ

アナログな点検業務は、工場内の巡回や管理者による確認・承認業務に負荷がかかり、人的ミスが発生しやすくなります。点検データをリアルタイムに把握できないことから、異常や不具合が発覚した際に即座に対応できない点も課題です。

点検業務をIoT化することで、設備・機械の点検を自動化して現場の省人化、管理業務にかかる負荷の軽減などが期待できます。また、点検業務の精度を高めて正確なデータ分析を行うことでトラブルの早期発見にも役立てられます。

コネクシオでは、点検業務の自動化に加えて、動画解析による自動検知ソリューションも提供しております。設備機器の動きをリアルタイムに監視・分析し、異常をすばやく検知できるため、予知保全につなげられます。工場の安定した稼働に向けて導入を検討されてはいかがでしょうか。

多様なメーターに対応したメーター読み取りソリューション『Smart Ready IoTメーター読み取り』については、こちらを御覧ください。

▼Smart Ready IoTメーター読み取り



動画解析ソフトウェアによる異常検知ソリューション『SpaceTime scene analytic』については、こちらをご覧ください。

▼SpaceTime scene analytics



5分で理解できる!
Smart Ready IoTソリューションセット
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

工場内の古い機械もIoT化できる? 導入の効果や方法を解説

2021-09-22

デジタル技術の発展により、さまざまなモノがインターネットとつながるIoT化が進んでいます。工場の設備・機械にIoTを活用しようと思いつつも、「どのようにIoT化を進めていけばよいのか具体的な取り組みが分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、製造現場におけるIoTの導入状況を踏まえつつ、機械をIoT化する効果や方法などを解説します。

工場の巡回・点検業務を効率化して負荷を軽減する方法

2021-09-22

企業の人手不足が深刻化するなか、自社の工場内で設備・機械の点検業務に多くの労力を要している現場もあるのではないでしょうか。なかでも、アナログメーターの場合は人の目による読み取りが必要になるため、点検者の負荷も大きくなります。この記事では、人手による巡回・点検業務の課題や効率化方法について解説します。

予防保全とは? 事後保全との違いとIoT活用による予知保全を解説

2021-09-22

製造現場で日々稼働している設備や機械を管理して安定した稼働を実現するには、適切な保全活動が欠かせません。保全活動には予防保全・事後保全などがありますが、近年はIoTを活用した“予知保全”も取り入れられています。この記事では、製造現場の設備・機械を適切に管理するための予防保全と事後保全の違い、IoTを活用した予知保全について解説します。

予知保全にAI技術を導入するメリットと活用法

2021-08-30

生産工程で発生するさまざまなデータを蓄積して、AIが持つ学習技術・解析機能を活用することで、設備保全体制の強化につながると期待されています。この記事では、製造現場における予知保全の目的を踏まえ、AI技術の活用方法やメリットなどを解説します。

製造現場の予知保全CBMとは? TBMとの違いやメリットを解説

2021-08-30

モノづくりを行う製造現場では、IoT技術を取り入れた次世代の予知保全であるCBMが登場しています。従来のTBMに比べて、より効率的な設備保全ができると期待されています。本記事では、CBMの基礎知識をはじめ、従来のTBMとの違い、CBM導入のメリットなどをまとめて解説します。