catch-img

製造業のIoT化が失敗するケースと成功させるポイント

近年、さまざまなモノがインターネットとつながり、あらゆる分野でIoTの活用が進んでいます。ものづくりを担う製造業においても例外ではありません。

IoTの活用は、製造業の人手不足や生産性の向上、DXの遅れなどの課題を解決へ導く方法としておおいに期待されています。

しかし、IoTを導入した企業のなかにはIoTの知識・ノウハウや事前準備が十分ではなく「導入したものの失敗してしまった」「効果的に活用できていない」というケースもあります。

この記事をお読みの方のなかには、IoTの導入をご検討中の方もいらっしゃるでしょう。そこでこの記事では、IoT化が失敗してしまうケースと成功するためのポイントについて解説します。ぜひ参考にしてください。

目次[非表示]

  1. 製造業のIoT化が失敗するケース
    1. コスト制限によって最適化できない
    2. 現場に定着しない
    3. 実証段階(PoC)でつまずいてしまう
  2. 製造業のIoT化を成功させるポイント
    1. ①課題と目的を明らかにする
    2. ②マニュアル作成・研修を行う
    3. ③パッケージ化されたソリューションを活用する
  3. まとめ

▼IoT導入における課題や解決方法については、以下の資料で詳しく解説しています。
『IoTプロジェクトの成功確率を高める ベストプラクティス』


製造業のIoT化が失敗するケース

IoT化が失敗するケースにはいくつかパターンがありますが、ここでは代表的な3つについて解説します。


コスト制限によって最適化できない

1つ目は、コスト制限によって最適化できないというケースです。

IoTの導入には、工場内でのインターネット環境の構築とともに、それに接続するモノ(設備・機器・センサ・カメラなど)が必要です。さらに、システムの構築や保守運用などを外注する場合は、それらのコストが発生するため、初期コストが膨大になることもあります。

特に資金力に余裕がない場合、コストの低減を優先し、IoT化に十分な予算を割けないまま導入してしまうこともあります。IoT化が小規模に留まり、最適化に至りません。


現場に定着しない

2つ目は、現場にIoTが定着しないケースです。

工場をIoT化すると、これまでの生産フローや業務体制などが変わります。IoT化はトップダウンで進められることが一般的です。

しかし、この計画段階で導入後の運用方法を明文化せずに進めてしまうと、「稼働開始時に現場からの問合せが相次ぐ」「現場が使いこなせない」といった問題を招く可能性があります。このような状況の場合、現場での本格的な運用につながらず、IoTの活用が定着しません。


実証段階(PoC)でつまずいてしまう

3つ目は、実証段階でつまずいてしまうケースです。

IoTを導入する際、システム構築やデータ活用が実際にどのように効果を発揮するか、事前に実効性を検証する“PoC(Proof of Concept:概念実証)”が実施されることが一般的です。

しかし、PoCの手順や検証方法に対するノウハウがない場合、実証段階でつまずきやすくなります。そのため、運用開始どころか、導入まで至らないことがあります。



製造業のIoT化を成功させるポイント

製造業のIoT化を成功させるには、事前の課題・目的設定をはじめ、定着化を図るための取り組みが必要です。IoT化を成功させるポイントとして、以下の3つが挙げられます。


①課題と目的を明らかにする

コストを考慮しつつ、自社に適したIoTを導入するためには、現状の課題・目的に応じたシステム構築が必要です。

そのためには、IoTの導入でどのような課題を解消するのか、現状の課題・目的を明確化することがポイントです。課題・目的を明確化することによって、IoTの導入が必要な場所・設備などを洗い出して、必要なコストを割り当てられるようになります。


▼課題・目的・手段の例

  • 課題:生産ラインの目視チェックの品質にばらつきがある
  • 目的:品質チェック精度の向上
  • 手段:生産ライン監視のデジタル化
  • 必要なシステム:IoTカメラ・センサー


②マニュアル作成・研修を行う

IoTの導入が形骸化してしまうのを防ぐには、工場内の運用体制を構築する必要があります。IoT導入後の業務内容・フローについては、マニュアルを作成して、人員配置や動線を見直すことがポイントです。

また、現場の理解を得るために、従業員への研修や教育を行うことも重要です。自社におけるIoTの必要性、業務フローに対する理解を深めることで、現場でのIoT活用の意識を高め、定着を促しやすくなります。


③パッケージ化されたソリューションを活用する

PoCでつまずかないようにするには、IoTの導入をトータルサポートしてくれるパッケージソリューションの活用が有効です。

IoTの導入に関するノウハウを持つプロが導入から運用開始までサポートするため、着実にIoTの実現につなげられます。

コネクシオでは、IoT実現に向けたPoCをはじめ、機器・システム選定、運用サポートに至るすべてを一貫してサポートできるソリューションを提供しております。自社のみでのIoT化を困難に感じている企業さまは、ぜひコネクシオまでご相談ください。


Smart Ready IoTソリューションセット

  Smart Ready IoT ソリューションセット コネクシオ株式会社|IoT導入をスピーディーに、そして最適な状態で進めていただけるようなサービスやプロダクトをご用意しています。|SmartReadyIoT|Smart Ready IoT ソリューションセット コネクシオ IoTソリューション

コネクシオ』へのお問合せはこちらから



まとめ

製造業のIoT化は、生産効率の向上・人手不足の解消・DXの実現など、売り上げの向上や付加価値の創出につながるさまざまな可能性を秘めています。

一方で、「IoT化に十分なコストをかけられず最適化できなかった」「現場で定着しなかった」「PoC段階でつまずいてしまった」などと失敗してしまうケースもあります。IoTの導入を成功させるためには、課題・目的を明確化して適切なコスト調整を行うとともに、マニュアル作成や研修によって現場の定着化を図ることがポイントです。

「IoT化を進めたくてもノウハウが不足している」「PoCで頓挫してしまった」などとお悩みの場合は、PoCにおける課題や解決方法について解説しているこちらの資料をぜひご一読ください。


60%のプロジェクトはPoC段階で頓挫..IoTの導入を成功に導くためのガイド! 

  IoTプロジェクトの成功確率を高めるベストプラクティス コネクシオ株式会社|資料ダウンロード|ebook コネクシオ IoTソリューション



5分でわかる!
Smart Ready IoTソリューションセットまるわかり大全
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

閉じる