IoTプロジェクトの成功確率を高める
ベストプラクティス
 

効果を実現するプロジェクトの確立26%
なぜ多くのIoTプロジェクトが失敗するのか?

IoTは、その導入によって膨大なデータの取得が可能となり、新たな価値を創出することが期待されています。それにも関わら
ず、いまだ本格的な普及には至っていないのが現状です。実際に、IoTの導入に成功した企業は、約26%しかないという調査結
果もあるのです。導入までに、どのような課題があるのでしょうか。
本書では、IoTの導入・活用を成功に導くために、どのようなことが必要かを紹介しています。


本資料は以下のような課題をお持ちの方向けです。

・IoT化を進めたいがどこから手を付けていいかわからない
・膨大な各機器、センサーからデータが取り出せない
・工場内のデータ遠隔で取得・記録したい

お役立ちeBookの紹介

60%のプロジェクトはPoC段階で頓挫/IoT活用の成功率は25%
『IoTプロジェクトの成功確率を高めるベストプラクティス』
1章 多くのIoTプロジェクトが失敗する理由
 ・ 60%がPoC段階で頓挫している
 ・PoC段階でよくある課題




2章 IoTプロジェクトの成功確率を高めるベストプラクティス
 ・①データの取り出しに実績豊富なパートナーの協力
 ・②成功したデバイス、システムの組み合わせパターンの活用
 ・③本番稼働を想定した全体設計
3章 IoTシステム構築を迅速化かつ容易化する「Smart Ready IoT」
 ・Smart Ready IoT とは
 ・データの取り出しからIoTプロジェクトをトータルサポート