特殊車両の稼働状況を遠隔監視。
保守サービスが向上   

~故障原因を遠隔で特定。現地対応を削減~
極東開発工業株式会社 様

特殊車両を製造されている極東開発工業株式会社 様は、製品の故障時に保守対応のため
お客様の現場に急行する必要がある点を課題とされていました。
そこで、IoTを用いた遠隔での故障原因特定、さらに故障の予兆を察知する予防保全に取り組まれました。

  • 故障の原因特定に現地対応が必要
  • 予防保全で故障発生前に対策を行いたい。

 

 

  • 故障原因を遠隔で特定
  • 保守サービスの向上

 

 

【導入サービス】
・Armadillo-IoT G3L

課題


多種類の特装車を全国で販売されている極東開発工業株式会社 様は、販売した車両の保守対応に課題感を抱えていらっしゃいました。IoT導入以前は、故障発生時には原因特定・対応のため車両のある現場まで行く必要がありました。現地対応は移動に時間もコストもかかります。 そこでより迅速に、効率的に保守対応を行うため、IoTシステムで車両の稼働状況などのデータを取得する取り組みを行いました。また、故障の予兆を早期発見し、予防保全につなげたいといったご要望もございました。 車両データが取得可能な端末の提供と、小回りの利くソフト開発力を当社コネクシオが保有していたことから、このお取り組みを共に推進させていただきました。

解決の手法

<実施内容①>
■車両情報の取得

<実施内容②>

モバイル回線を用いて取得データをサーバーへ送信

<実施内容③>
データの蓄積・解析
解析された結果はタブレット・スマホでも見える化。

効果


故障時に現場へ急行することなく即座に遠隔で原因特定が可能となり、保守サービス品質が向上。
サーバーの情報を現場の携帯端末に送ることで、オペレーター側も状況が把握可能になりました。

関連プロダクト

個別のIoTシステム開発

コネクシオは、お客様のご要望に沿った個別の開発案件に積極的に取り組んでおります。
「こんなことは実現できるか」「個別に相談したいことがある」等、どのような内容もお気軽にお問い合わせください。

Armadillo-IoT G3L

【製品の特長】
・多様なセンサーI/Fに対応
・高い拡張性
・商用・量産化に最適

企業のIoT化をコネクシオがサポートします

5分でわかる!
Smart Ready IoTソリューションセットまるわかり大全
工業・農業・オフィス・車両・インフラなど、
各分野から抜粋した代表例をご紹介
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください