着席しているかどうか IoTで見える化し、一目瞭然に

ゴール

着座状況を一目瞭然に見える化。
オフィスで在席か離席かを即判断したり、店舗での動向分析をしたい

課題

・どの社員がオフィス内にいるのかを確認できない。
・お店や施設における空席状況や回転率のデータ管理を行えておらず、お客様の動向分析ができない。

解決の手法

圧力センサーが内蔵されたスマートクッションにより、情報をArmadillo-IoT G3Lで収集。ディスプレイに簡易表示。

成果

着座の有無や空席状況を、即座に把握できるようになった。
座席のイラストを用いて可視化すれば、誰でも簡単に、現在の着座状況を確認できる。

このサービスの関連プロダクト

関連記事

自社製品を遠隔制御可能に

2018-11-27

IoT化により自社センサーの遠隔検診を可能にし、製品ユーザの満足度をUP。さらに、料金請求のシステムもまるごとご提案し採用。また当社ゲートウェイ「Armadillo-IoT G3L」ならではのカスタマイズも含め、ご要望を実現した事例をご紹介します。

着座状況を見える化

2018-11-27

オフィスや店舗などで、座席に人が座っているかどうかが一括してわかるシステムを、当社ゲートウェイ「Armadillo-IoT G3L」を利用し、コストを抑えて実現した事例をご紹介します。

浄水関連施設の遠隔監視

2018-11-27

浄水場・関連施設の遠隔監視システムを、当社ゲートウェイ「Armadillo-IoT G3L」を利用し、コストを抑えてIoT化したお客様の事例をご紹介します。

IoTの課題・お悩み
お気軽にご相談ください