catch-img

テクニカルショウ横浜に出展しました

CONNEXIO Smart Ready IoT ブログ担当 O です。


今回は「テクニカルショウヨコハマ 2019」について。

コネクシオブースの出展レポートは コチラ にご紹介しておりますので、本ブログではイベントの概要や、他のご出展で興味深かった内容をお伝えいたします。


テクニカルショウヨコハマとは

2019年2月6日(水)~8日(金) にパシフィコ横浜で開催されました。

このイベントは、神奈川県下最大級の工業技術・製品に関する総合見本市であり、県内産業の発展と経済の活性化に貢献してきたとのこと。

今回が40回目という歴史があり、来訪者も約3万人にのぼる、地域に根ざしながらもビッグなイベントです。

展示会は、「ロボット」「IoT」の特設ゾーンを始めとして、「加工技術」「機械・装置・製品」「研究開発」「ビジネス支援」の各ゾーンで構成され、県内外の800社以上もの企業や団体が、最新製品や研究成果を出展していました。


IoT系イベントとしての特徴

IoT系イベントとしての特徴は、まず、横浜市では I▫TOP横浜という、IoTオープンイノベーションコミュニティの活動に熱心に取り組まれています。

こちらに参加する企業・団体の最新情報が、一堂に会して見ることができます。

さらに、無線やセンサーの技術に関する企業が多い事から、エッジ系技術や開発事例の展示が多く見られること。

基板などのハードウェアの受託開発をアピールする企業を、多く見つける事が出来るところが挙げられるでしょう。


自治体のビジネス支援事業ともリンクしており、神奈川県最大級のビジネスコンテスト「かながわビジネスオーディション2019」の最終審査の会場ともなっていました。

IoT色の強い入賞ビジネスプランとしては、トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社 の DFree  と言う、超音波センサーで人の膀胱の変化を計測し、介護に役立てられるシステムがあり、興味深かったです。


当社ブースにも多数のご来訪をいただき、展示内容に対しては、リアルなお困りごとに重ね合わせた、貴重なご意見をいただきました。

実りの多い出展となりました。


神奈川県内からの出展が多数ですが、県外からの出展・来訪も多くなっているとのこと。

パシフィコ横浜での開催のため、交通の便も問題なし。このイベントを知らなかったという方も、次回はぜひ立ち寄られてみてはいかがでしょうか?


コネクシオの今後のイベント出展予定は、コチラでご案内していきます。




O

O

5分で理解できる!
Smart Ready IoTソリューションセット
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

工場内の古い機械もIoT化できる? 導入の効果や方法を解説

2021-09-22

デジタル技術の発展により、さまざまなモノがインターネットとつながるIoT化が進んでいます。工場の設備・機械にIoTを活用しようと思いつつも、「どのようにIoT化を進めていけばよいのか具体的な取り組みが分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、製造現場におけるIoTの導入状況を踏まえつつ、機械をIoT化する効果や方法などを解説します。

工場の巡回・点検業務を効率化して負荷を軽減する方法

2021-09-22

企業の人手不足が深刻化するなか、自社の工場内で設備・機械の点検業務に多くの労力を要している現場もあるのではないでしょうか。なかでも、アナログメーターの場合は人の目による読み取りが必要になるため、点検者の負荷も大きくなります。この記事では、人手による巡回・点検業務の課題や効率化方法について解説します。

予防保全とは? 事後保全との違いとIoT活用による予知保全を解説

2021-09-22

製造現場で日々稼働している設備や機械を管理して安定した稼働を実現するには、適切な保全活動が欠かせません。保全活動には予防保全・事後保全などがありますが、近年はIoTを活用した“予知保全”も取り入れられています。この記事では、製造現場の設備・機械を適切に管理するための予防保全と事後保全の違い、IoTを活用した予知保全について解説します。

予知保全にAI技術を導入するメリットと活用法

2021-08-30

生産工程で発生するさまざまなデータを蓄積して、AIが持つ学習技術・解析機能を活用することで、設備保全体制の強化につながると期待されています。この記事では、製造現場における予知保全の目的を踏まえ、AI技術の活用方法やメリットなどを解説します。

製造現場の予知保全CBMとは? TBMとの違いやメリットを解説

2021-08-30

モノづくりを行う製造現場では、IoT技術を取り入れた次世代の予知保全であるCBMが登場しています。従来のTBMに比べて、より効率的な設備保全ができると期待されています。本記事では、CBMの基礎知識をはじめ、従来のTBMとの違い、CBM導入のメリットなどをまとめて解説します。