catch-img

いばらきIoTコ・ラボ勉強会とは


CONNEXIO Smart Ready IoT ブログ担当 O です。


このページでは、IoT をキーワードとして,

コミュニティーやイベントについての情報や、時事ネタ考察を拙筆ながらに披露していきます。



今回は、茨城県勝田市で定期的に開催されているという、

いばらきIoTコ・ラボ勉強会 」についてご紹介します。


本勉強会については、コネクシオが培ってきたIoT技術を、

茨城の企業の皆様にも、さらに活かして頂きたいという思いがあり、

講師の一員として、第7回勉強会に参加させて頂きました。


いばらきIoTコ・ラボ勉強会 とは


このイベントは、茨城県IoT推進ラボ の構成支援機関として、公益社団法人日本技術士会 茨城県支部 が主宰する、

同会会員の技術士を含む産官学の地域専門家による、共学、協創を目的とする、自主コミュニティーです。


IoTシステム構築体験演習として、Raspberry Pi やクラウドを活用した簡単IoTのプロトタイプ作成を通じ、IoT地域専門家、中小企業経営者、IT技術者の方々が、

課題解決のやり方、利用可能な技術・ツールについて、学習することをシリーズで行っているそうです。


公益社団法人日本技術士会 茨城県支部 紹介資料(PDF)



このような勉強会に参加しますと、地域の方々の課題やナマの声、

IoTに対する期待感を肌で感じ、新鮮な刺激がありました。


今後もぜひこのようなイベントに参加したいと考えています。

コネクシオでは、この2019年春も様々なイベントに出展いたします。

参加予定については、コチラを御確認ください。


※ 本投稿は担当ライターの個人的感想を述べるもので、

  コネクシオ株式会社が何らの意思表示をするものでは有りません。


O

O

5分で理解できる!
Smart Ready IoTソリューションセット
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

工場内の古い機械もIoT化できる? 導入の効果や方法を解説

2021-09-22

デジタル技術の発展により、さまざまなモノがインターネットとつながるIoT化が進んでいます。工場の設備・機械にIoTを活用しようと思いつつも、「どのようにIoT化を進めていけばよいのか具体的な取り組みが分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、製造現場におけるIoTの導入状況を踏まえつつ、機械をIoT化する効果や方法などを解説します。

工場の巡回・点検業務を効率化して負荷を軽減する方法

2021-09-22

企業の人手不足が深刻化するなか、自社の工場内で設備・機械の点検業務に多くの労力を要している現場もあるのではないでしょうか。なかでも、アナログメーターの場合は人の目による読み取りが必要になるため、点検者の負荷も大きくなります。この記事では、人手による巡回・点検業務の課題や効率化方法について解説します。

予防保全とは? 事後保全との違いとIoT活用による予知保全を解説

2021-09-22

製造現場で日々稼働している設備や機械を管理して安定した稼働を実現するには、適切な保全活動が欠かせません。保全活動には予防保全・事後保全などがありますが、近年はIoTを活用した“予知保全”も取り入れられています。この記事では、製造現場の設備・機械を適切に管理するための予防保全と事後保全の違い、IoTを活用した予知保全について解説します。

予知保全にAI技術を導入するメリットと活用法

2021-08-30

生産工程で発生するさまざまなデータを蓄積して、AIが持つ学習技術・解析機能を活用することで、設備保全体制の強化につながると期待されています。この記事では、製造現場における予知保全の目的を踏まえ、AI技術の活用方法やメリットなどを解説します。

製造現場の予知保全CBMとは? TBMとの違いやメリットを解説

2021-08-30

モノづくりを行う製造現場では、IoT技術を取り入れた次世代の予知保全であるCBMが登場しています。従来のTBMに比べて、より効率的な設備保全ができると期待されています。本記事では、CBMの基礎知識をはじめ、従来のTBMとの違い、CBM導入のメリットなどをまとめて解説します。