catch-img

CONEXIOBlackBearをLTEルータとして活用するには


はじめに

CONEXIO Smart Ready IoT ブログ担当 H です。

前回、初投稿でご挨拶のみさせていただきましたが、今回はいよいよ技術系の初記事を書いてみます。

お題は、

CONEXIOBlackBearは簡単な手順でLTEルータとして動かすことができます

です。


CONEXIOBlackBearには、LTE、Wi-Fi、Ethernetなど複数のネットワーク接続機能があり、わずかな設定(Linuxコマンド)を行うことで、CONEXIOBlackBearとWi-FiやEthernetで接続した機器をLTEネットワーク経由でインターネットに接続できるように(=LTEルータとして動作するように)、あらかじめ機能を組み込んでいます。

CONEXIOBlackBearをルータとして活用できれば、接続機器からデータを収集するための専用アプリケーションをCONEXIOBlackBear上に構築することなく、接続機器が直接インターネットとデータ送受信できますので、IoTシステムをより簡単に構築することができます。

もちろん、ルータ機能とCONEXIOBlackBear上に構築したアプリケーションを同時に活用することもできます。


というわけで、本記事では、LTEルータとして動かすための基本手順である


 ・LTEネットワークへの接続設定

 ・Ethernetの設定

 ・Wi-Fiの設定


の3つの手順をご紹介したいと思います。

※なお、本記事では、LTEルータとして動かすための必要最小限の手順を記載しています。CONEXIOBlackBear(以下BlackBear)の詳細な使用方法については、取扱説明書および簡易プログラミングマニュアルを参照してください。


LTEの設定

まずLTEのSIMカードを用意し、BlackBear本体に挿入した後、電源を入れます。ログイン後、以下のコマンドにて、LTEネットワークへの接続設定を行います。

nmcli connection add con-name lte-wwan0 type gsm ifname ttyUSB2 apn [APN] user [USER] password [PASSWORD]


Ethernetの設定

次に、Ethernetの設定です。以下の設定で、BlackBearから192.168.9.1/24の範囲でIPアドレスが振り出されます。ipv4.methodをsharedで設定するところがミソですね。参考

nmcli connection add type ethernet ifname eth0 con-name eth_shared
nmcli con modify eth_shared ipv4.method shared
nmcli con modify eth_shared ipv4.addr 192.168.9.1/24
nmcli con up eth_shared


Wi-Fiの設定

Wi-Fiをアクセスポイントとして動作させるために、Ethernetと同様に、ipv4.methodをsharedとして、以下のように設定します。この例では、BBtest-gというSSIDを吹いてくれます。また、IPアドレスは192.168.31.1/24の範囲で振り出されます。

※IPアドレス範囲や、SSID、パスワード、チャンネルなどは一例です。必要に応じて適宜設定してください。

nmcli con add type wifi ifname wlan0 mode ap con-name WIFI_AP ssid BBtest-g
nmcli con modify WIFI_AP 802-11-wireless.band bg
nmcli con modify WIFI_AP 802-11-wireless.channel 1
nmcli con modify WIFI_AP 802-11-wireless-security.key-mgmt wpa-psk
nmcli con modify WIFI_AP 802-11-wireless-security.auth-alg open
nmcli con modify WIFI_AP 802-11-wireless-security.proto rsn
nmcli con modify WIFI_AP 802-11-wireless-security.group ccmp
nmcli con modify WIFI_AP 802-11-wireless-security.pairwise ccmp
nmcli con modify WIFI_AP 802-11-wireless-security.psk blackbear
nmcli con modify WIFI_AP ipv4.method shared
nmcli con modify WIFI_AP ipv4.addr 192.168.31.1/24


動作確認

設定が済んだので、動作確認してみます。


Ethernet

Ethernetの接続確認は、手元にあった他のゲートウェイ機器を使用しました。

Ethernetケーブルでゲートウェイ機器とBlackBearをつなぎ、ゲートウェイ機器側でIPアドレスがもらえているか確認。

※接続確認用ゲートウェイは、DHCPでIPアドレスをもらう設定になっています。

root@armadillo:~# ifconfig
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr **:**:**:**:**:**
          inet addr:192.168.9.230  Bcast:192.168.9.255  Mask:255.255.255.0
         

192.168.9.230がもらえています。

試しに、インターネットへアクセスできるか、pingを打ってみます。

root@armadillo:~# ping 8.8.8.8
PING 8.8.8.8 (8.8.8.8) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=1 ttl=58 time=703 ms
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=2 ttl=58 time=57.3 ms
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=3 ttl=58 time=63.8 ms
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=4 ttl=58 time=63.7 ms
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=5 ttl=58 time=62.8 ms
^C
--- 8.8.8.8 ping statistics ---
5 packets transmitted, 5 received, 0% packet loss, time 4001ms
rtt min/avg/max/mdev = 57.326/190.341/703.882/256.782 ms


応答があります。つながっているようです。


Wi-Fi

Wi-Fiの接続確認は、手持ちのスマートフォンを使用してみます。

SSIDを検索画面で、BlackBearに設定しているBBtest-gが見つかったので、それを選択します。

※念のため、スマートフォン側のモバイルネットワークへの接続は切っておく。

以下のように、接続され、IPアドレスがちゃんと振り出されています。



念のため、インターネットに接続できているか、WebブラウザでコネクシオのWebサイトにアクセス。ちゃんと表示されました。


​​​​​​​



このように、簡単にCONEXIOBlackBearをLTEルータ化できました。



まとめ

CONEXIOBlackBearはこのように簡単にLTEルータとしての活用ができるため、色々な利用シーンで可能性が広がるゲートウェイです。本製品について、資料ダウンロード・お問合せはこちらからお願いいたします。


H

H

コネクシオ株式会社・IoT開発担当者

5分で理解できる!
Smart Ready IoTソリューションセット
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

工場内の古い機械もIoT化できる? 導入の効果や方法を解説

2021-09-22

デジタル技術の発展により、さまざまなモノがインターネットとつながるIoT化が進んでいます。工場の設備・機械にIoTを活用しようと思いつつも、「どのようにIoT化を進めていけばよいのか具体的な取り組みが分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、製造現場におけるIoTの導入状況を踏まえつつ、機械をIoT化する効果や方法などを解説します。

工場の巡回・点検業務を効率化して負荷を軽減する方法

2021-09-22

企業の人手不足が深刻化するなか、自社の工場内で設備・機械の点検業務に多くの労力を要している現場もあるのではないでしょうか。なかでも、アナログメーターの場合は人の目による読み取りが必要になるため、点検者の負荷も大きくなります。この記事では、人手による巡回・点検業務の課題や効率化方法について解説します。

予防保全とは? 事後保全との違いとIoT活用による予知保全を解説

2021-09-22

製造現場で日々稼働している設備や機械を管理して安定した稼働を実現するには、適切な保全活動が欠かせません。保全活動には予防保全・事後保全などがありますが、近年はIoTを活用した“予知保全”も取り入れられています。この記事では、製造現場の設備・機械を適切に管理するための予防保全と事後保全の違い、IoTを活用した予知保全について解説します。

予知保全にAI技術を導入するメリットと活用法

2021-08-30

生産工程で発生するさまざまなデータを蓄積して、AIが持つ学習技術・解析機能を活用することで、設備保全体制の強化につながると期待されています。この記事では、製造現場における予知保全の目的を踏まえ、AI技術の活用方法やメリットなどを解説します。

製造現場の予知保全CBMとは? TBMとの違いやメリットを解説

2021-08-30

モノづくりを行う製造現場では、IoT技術を取り入れた次世代の予知保全であるCBMが登場しています。従来のTBMに比べて、より効率的な設備保全ができると期待されています。本記事では、CBMの基礎知識をはじめ、従来のTBMとの違い、CBM導入のメリットなどをまとめて解説します。