catch-img

ウイングアークフォーラム(WAF) で楽しく未来を考える

CONEXIO Smart Ready IoT ブログ担当 O です。

このページでは、IoT 界隈で盛り上がっているコミュニティーやイベントについて、
情報や雰囲気をお伝えするなど、
皆様にIoTを身近に感じていただくキッカケの一つになれば!…という思いで執筆しております。


「 ウイングアークフォーラム(WAF) 」について

ウイングアーク1st株式会社が2017年より年に一度開催している、
プライベート展示・発表会が「 ウイングアークフォーラム(WAF) 」を今回はご紹介します。

今年は3会場での開催で、名古屋で10月19日(金)・大阪で11月2日(金)、
東京では11月13日(火)に開催されました。

ウイングアークフォーラム2018
http://www.wingarc.com/forum2018/

昨年から開催されている本イベントは、
Data Empowermentを体験する1日というテーマ。


2018年では、26社がスポンサードし、
3イベント合計39ブースのメーカー展示と、33回の発表があるという、
多数の会社が参加し1メーカーのプライベートイベントを超えた一大イベントとなっています。

IoT系イベントとしての特徴は、やはり、同社製品である、
BI ( 見える化 ) 、ダッシュボードツール MotionBoard と、
高速DB 、集計・分析プラットフォーム Dr.Sum を中心とした、
様々なソリューションとの連携が見られるところでしょう。

新サービス「DEJIREN〜デジレン〜」とは!

今回は、来年夏にリリース予定の新サービスの発表も行われていました。

新サービス「 DEJIREN ~デジレン~ 」とは、
情報活用の3大要素 " 伝達 DEntatsu " " 自動化 JIdouka " " 連携 RENkei " を実現するサービスと銘打って、様々なクラウドサービスやビジネスチャット連携をノンコーディングで設計できる様です。

このサービスがリリースされれば、専任のプログラマーが居ない会社や
現状ITの活用度合いの高くない業種の方でも、実用的なシステム構築が可能になりそうですね。

もし、コネクシオのソリューションテンプレートとの連携も実現出来れば、
様々なセンサーやIoTゲートウェイ、PLCなどの制御装置との活用も容易に可能になることでしょう。

などと、様々な可能性に夢が広がります。
まさに期待の新サービスです!

togetter | WAF2018(ウイングアークフォーラム2018)におけるDEJIREN〜デジレン〜の発表に関するまとめです。
https://togetter.com/li/1288672


ウイングアークならではの企画

ウイングアーク1st株式会社ならではの、楽しい企画もぜひご紹介したいです。

IoT LT 出張版を行ったり、( スーツの来場者層との落差が激しい、ある種の「ゆるさ」が面白そうです。 )
データ活用コンテスト Datalympic ( 賞金100万円と豪華! ) の決勝戦も行うなど、
オープンイノベーション推進にも力を入れており、
それを楽しく盛り上げている事がとても興味深いです。

Androidのメモとか ポキオの日記 | ウィングアークフォーラム2018で話してきました
https://relativelayout.hatenablog.com/entry/2018/11/16/002043

Datalympic 2018
https://www.wingarc.com/datalympic2018/


本イベントは来年も継続して実施されると聞いています。

今回は事後のご紹介となりましたが、本ページをご覧の方で未体験の方は、
視察してみてはいかがでしょうか。きっと新しい発見がある事と思います。


※ 本ブログは担当ライターの個人的感想を述べるもので、
  コネクシオ株式会社を代表する意思表示をするものでは有りません。

O

O

5分で理解できる!
Smart Ready IoTソリューションセット
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

工場内の古い機械もIoT化できる? 導入の効果や方法を解説

2021-09-22

デジタル技術の発展により、さまざまなモノがインターネットとつながるIoT化が進んでいます。工場の設備・機械にIoTを活用しようと思いつつも、「どのようにIoT化を進めていけばよいのか具体的な取り組みが分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、製造現場におけるIoTの導入状況を踏まえつつ、機械をIoT化する効果や方法などを解説します。

工場の巡回・点検業務を効率化して負荷を軽減する方法

2021-09-22

企業の人手不足が深刻化するなか、自社の工場内で設備・機械の点検業務に多くの労力を要している現場もあるのではないでしょうか。なかでも、アナログメーターの場合は人の目による読み取りが必要になるため、点検者の負荷も大きくなります。この記事では、人手による巡回・点検業務の課題や効率化方法について解説します。

予防保全とは? 事後保全との違いとIoT活用による予知保全を解説

2021-09-22

製造現場で日々稼働している設備や機械を管理して安定した稼働を実現するには、適切な保全活動が欠かせません。保全活動には予防保全・事後保全などがありますが、近年はIoTを活用した“予知保全”も取り入れられています。この記事では、製造現場の設備・機械を適切に管理するための予防保全と事後保全の違い、IoTを活用した予知保全について解説します。

予知保全にAI技術を導入するメリットと活用法

2021-08-30

生産工程で発生するさまざまなデータを蓄積して、AIが持つ学習技術・解析機能を活用することで、設備保全体制の強化につながると期待されています。この記事では、製造現場における予知保全の目的を踏まえ、AI技術の活用方法やメリットなどを解説します。

製造現場の予知保全CBMとは? TBMとの違いやメリットを解説

2021-08-30

モノづくりを行う製造現場では、IoT技術を取り入れた次世代の予知保全であるCBMが登場しています。従来のTBMに比べて、より効率的な設備保全ができると期待されています。本記事では、CBMの基礎知識をはじめ、従来のTBMとの違い、CBM導入のメリットなどをまとめて解説します。