catch-img

CONEXIOBlackBearで、TeamViewerを利用したリモートアクセスしてみる

はじめに

こんにちは。コネクシオIoTブログ 技術記事担当のHです。

前回まで3回にわたってCONEXIOBlackBearで機械学習モデルを動かしましたが、今回は少し趣向を変えて、リモートアクセスに関する記事です。

IoTデバイス等にリモートアクセスする著名なアプリとして、TeamViewerがよく知られています。私は、TeamViewerを使ってPCのリモートデスクトップを使用したことがありますが、CONEXIOBlackBearをはじめIoTデバイスでのリモートアクセスは試したことがありません。そこで、今回は、TeamViewerをCONEXIOBlackBearにインストールして、リモートアクセスできるか試してみたいと思います。


1. 環境

  • CONEXIOBlackBear OS V1.1.9
    • ※一部、OS V1.1.5の画像が含まれますが、手順は同様です。
  • TeamViewer (有償版)
    • ARM向け
    • 15.16.8 (記事作成時点での最新)
  • Windows 10 PC
    • TeamViewerデスクトップアプリインストール済み
  • TeamViewerアカウント取得済み

※本記事で使用したものは、TeamViewerであり、TeamViewer IoTとは異なります。


2. TeamViewerのインストール

2.1 準備

まず、TeamViewerを動かすのに必要な依存ライブラリをインストールしてきます。

apt-get install libfreetype6 libxslt file ldd xz
apt-get install qtbase
apt-get install qtdeclarative
apt-get install libqt5sensors5
apt-get install qtlocation
apt-get install qtquickcontrols-qmlplugins
dpkg -i qtwebkit_5.9.4+git0+bd0657f98a-r0_armhf.deb
dpkg -i libqt5x11extras5_5.9.4+git0+922a92b533-r0_armhf.deb

​​​​​​​*qtwebkitとlibqt5x11extras5は、今回独自に用意したものです。


2.2 TeamViewerのインストール

TeamViewerアプリ(ARM Linux版)をダウンロードします。公式ページからのダウンロードなので最新版です。

wget https://download.teamviewer.com/download/linux/teamviewer-host_armhf.tar.xz

解凍します。

xz -dv teamviewer-host_armhf.tar.xz
tar xfv teamviewer-host_armhf.tar

インストールスクリプトを実行します。

cd teamviewer/
./tv-setup install force

インストールが完了すると、以下のように出力されます。

 Checking dependencies

 Analyzing dependencies ...

        All library dependencies (*.so) seem to be satisfied!

        QtQuickControls seems to be installed

 Uninstalling old package...
Removed /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/teamviewerd.service.
[ 2142.928265] systemd-sysv-generator[1609]: Overwriting existing symlink /run/systemd/generator.late/bootlogd.service with real service.
[ 2143.394774] systemd-sysv-generator[1621]: Overwriting existing symlink /run/systemd/generator.late/bootlogd.service with real service.
Removing files.../opt/teamviewer/tv_bin /opt/teamviewer/doc /opt/teamviewer/logfiles /opt/teamviewer/config /usr/bin/teamviewer /usr/share/dbus-1/services/com.teamviewer.TeamViewer.service /usr/share/dbus-1/services/com.teamviewer.TeamViewer.Desktop.service /usr/share/dbus-1/system.d/com.teamviewer.TeamViewer.Daemon.conf /usr/share/polkit-1/actions/com.teamviewer.TeamViewer.policy

 Copying files...
  done

[ 2144.818363] systemd-sysv-generator[1671]: Overwriting existing symlink /run/systemd/generator.late/bootlogd.service with real service.
[ 2145.281379] systemd-sysv-generator[1682]: Overwriting existing symlink /run/systemd/generator.late/bootlogd.service with real service.
cp: cannot create regular file '/usr/share/applications/com.teamviewer.TeamViewer-Host.desktop': No such file or directory

Error: MakeMenuEntries failed

一部エラーが出てますが、デスクトップ環境用のファイルが置けなかったためのエラーで、今回は問題ありません。


3. TeamViewerの起動

3.1 TeamViewerアカウントとグループの作成

事前に、TeamViewerアカウントを取得しておきます。そして、PCのTeamViewerデスクトップアプリでサインインし、コンピュータ&パートナーというメニューの中の以下のボタンから、グループを作成します。ここでは、testという名前のグループを作成しました。


3.2 TeamViewerの初期設定

以下のコマンドで、初期設定を行います。

teamviewer setup

以下のように、TeamViewerのアカウントを入力し、デバイスの追加を行います。

Welcome to TeamViewer configuration.

This short guide helps you to setup TeamViewer on this device. After you have
successfully finished the setup, this device will automatically be available in
your Computers & Contacts.

Connected
Please enter your e-mail / username: メールアドレス

Please enter your password:
Initiating sign in

Adding this device as 'imx6qsabresd' to the group 'test' of your account ******. Do you want to continue? (y/n) [n]  y

Adding device to your account

Setting up your device

:

ここで、PCのTeamViewerアプリ画面を見ると、testグループにデバイスが追加されています。


CONEXIOBlackBear上のTeamViewerアプリに接続するためのパスワードを設定します。リモートから接続するときに入力するので、十分な長さ、複雑さを持たせるようにしましょう。

root@imx6qsabresd:~# teamviewer passwd パスワード

ok

CONEXIOBlackBearを再起動します。

go-sys-reboot


4. リモートアクセスを試す

再起動後、teamviewerの起動状況を確認します。ちゃんと、デーモンが立ち上がっています。※ちなみに、インターネット接続がないと、デーモンが立ち上がらないようです。

root@imx6qsabresd:~# teamviewer info

 TeamViewer                           15.16.8  (TAR_IN)

 TeamViewer ID:                        **********

 teamviewerd status                   ● teamviewerd.service - TeamViewer remote control daemon
   Loaded: loaded (/etc/systemd/system/teamviewerd.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Wed 2021-03-31 12:32:56 UTC; 1min 52s ago
  Process: 696 ExecStart=/opt/teamviewer/tv_bin/teamviewerd -d (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 698 (teamviewerd)
    Tasks: 18 (limit: 4915)
   CGroup: /system.slice/teamviewerd.service
           mq698 /opt/teamviewer/tv_bin/teamviewerd -d


いよいよ、接続してみます。

PCのTeamViewerアプリから、デバイスをダブルクリックすると、接続が開始され、パスワード入力が求められるので、3.2で設定したパスワードを入れると無事接続できました。

試しに、以下のようにログインしてコマンドを打ってみました。ちゃんと、動いているようです!!!


というわけで、TeamViewerを使って、CONEXIOBlackBearへリモートアクセスができました。

使用感としては、コマンド入力に対する多少のタイムラグがあります。とはいえ、TeamViewerに限らずリモートアクセスでは多少なりともタイムラグはあるのでこういった部分は仕方ないでしょう。

まとめ

以上のように、TeamViewerを用いたリモートアクセスができました。もしも、実運用時にトラブルがあった場合、現場に行かずに、素早く対応する手段として役立つと思います。(トラブルは無いに越したことはないですが。。。)


本記事は、担当書き手の個人的感想を述べるもので、コネクシオ株式会社を代表する意思表示をするものでは有りません。

5分で理解できる!
Smart Ready IoTソリューションセット
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください

予知保全にAI技術を導入するメリットと活用法

2021-08-30

生産工程で発生するさまざまなデータを蓄積して、AIが持つ学習技術・解析機能を活用することで、設備保全体制の強化につながると期待されています。この記事では、製造現場における予知保全の目的を踏まえ、AI技術の活用方法やメリットなどを解説します。

製造現場の予知保全CBMとは? TBMとの違いやメリットを解説

2021-08-30

モノづくりを行う製造現場では、IoT技術を取り入れた次世代の予知保全であるCBMが登場しています。従来のTBMに比べて、より効率的な設備保全ができると期待されています。本記事では、CBMの基礎知識をはじめ、従来のTBMとの違い、CBM導入のメリットなどをまとめて解説します。

製造業が直面する課題と人材難・IT化・技術継承の解決策

2021-07-28

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)の感染拡大によってテレワークが徐々に定着しつつあるなか、製造業もまた時代の変化に適応しなければならない時期にさしかかっています。少子高齢化による人手不足やIT化の遅れ、移り変わる社会情勢に対応しきれていないことなど、製造業が抱える課題と解決策について解説します。

ローカル5Gとは? メリット・デメリットと活用法を解説

2021-07-28

2020年3月、国内で次世代の通信規格として新たに商用化した5G。そうしたなか、通信キャリアが展開する5Gとは別に、企業や自治体などが独自に5Gネットワークを構築できるローカル5Gが登場しました。この記事では、ローカル5Gの仕組みをはじめ、メリット・デメリット、製造業における活用法などを解説します。

プライベートLTE導入の課題と活用シーン

2021-07-28

プライベートLTEは、有線でのネットワーク構築が難しい大規模な工場、遠隔制御装置や監視装置を使用するなど、安定した通信が求められる状況において活用が期待されています。この記事では、プライベートLTEのメリットや導入のために押さえておきたい点、活用が期待できる事業などを解説します。