PoC ( Proof of Concept ) / 実証実験

ポック または ピーオーシー ; じっしょうじっけん
意味

「 PoC / 実証実験 」 とは、概念実証・コンセプト実証などとも呼ばれます。
特にIoT関連用語としての「 PoC 」は、 本格的な導入の前に、センシングや遠隔制御がどの程度の効果を発揮するのか確認する検証を指します。重要なアクションです。

なぜPoCが必要なのか

IoTシステムを新たに導入する際は、前例の無いシステム構想となる事が珍しくありません。また構想の核となる技術も、新しい概念の仮説に基づいて選定しなければなりません。
そのため良くも悪くも、データを蓄積して初めて分かることによって仮説が覆るケースが多く発生します。
(事例:PoC実施による故障検知システム導入(京葉興業様)

ソリューションの仕様を何度も検証・実証しながら、付加価値やサービスの軸をどこに置くのか、少しずつ、最終的な仕様を決定する必要があります。

PoC(実証実験)の活用事例


株式会社京葉興業

失敗できない基幹設備でのシステム導入。
PoC実施で感じた確かな手ごたえ 

株式会社京葉興業 様
事後保全から予兆保全へシフト。コネクシオのIoTソリューションにより予兆保全実現に向けた確実なステップを踏めました。
関連資料

60%のIoTプロジェクトはPoC段階で挫折。
IoT活用の成功確率は約26%

IoTプロジェクトの成功確率を高める
ベストプラクティス



企業のIoT化をコネクシオがサポートします

5分で理解できる!
Smart Ready IoTソリューションセット
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください