コネクシオIoTソリューションのブログ

catch-img

「IoT縛りの勉強会! IoTLT」に参加しました 1

初めまして!

CONEXIO Smart Ready IoT ブログ担当のOです。

このブログでは、IoT をキーワードとして、
盛り上がっているコミュニティーやイベントについての情報をお伝えしたり、
IoT関連の時事ネタ考察を拙筆ながらに披露していきます。

この活動を通じて、IoT の可能性やオープンイノベーションという進め方。
また、コネクシオのIoTソリューション・プロダクトとの連携について、
知っていただくキッカケの一つになれば!

…と思っております。

早速、第一回目のネタとして取り上げたいのは、
日本最大級のIoTコミュニティ「IoT縛りの勉強会! IoTLT」です。

「IoT縛りの勉強会! IoTLT」とは?

CONNPASS | IoT縛りの勉強会! IoTLT

https://iotlt.connpass.com/

2015年2月頃に、菅原 遼介 さんと言う方が社内勉強会から始めたという同コミュニティは、
今では、登録者数 8,048人(2018/09/20現在)と断トツの大手コミュ二ティです。


SIer版、Enterprise版などの業種で縛ったり、大阪版、札幌版など地方ごとの開催と、
派生イベントもどんどん広がりを見せています。

IoTLTのイベント内容は?

コミュニティ名のとおり、イベントの主な活動は、LT会です。

※LT(ライトニングトーク)とは…5分程度の短いプレゼンテーション

発表は完全に無料の立候補式で、誰でも登壇する事ができます。


生まれて初めて、マイコンボードでセンシングしてみた!といった初々しい内容から、
もう少し時間を延ばして詳しく説明すればお金が取れるんじゃないかと
思わず唸ってしまう様な高度なものまで。

本当に様々です。

スライドは、535件(2018/09/20現在)が共有されており、
とても今から全部は読み返し出来ない程の情報量になっています。

CONNPASS | IoT縛りの勉強会! IoTLT | 資料

https://iotlt.connpass.com/presentation/

毎月開催していると言うイベントは、
本家IoTLTだけで、43回目にもなるそうです。(2018/09/20現在)


次回は、参加した筆者の感想をお伝えします。


工場内の古い機械もIoT化できる? 導入の効果や方法を解説

2021-09-22

デジタル技術の発展により、さまざまなモノがインターネットとつながるIoT化が進んでいます。工場の設備・機械にIoTを活用しようと思いつつも、「どのようにIoT化を進めていけばよいのか具体的な取り組みが分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、製造現場におけるIoTの導入状況を踏まえつつ、機械をIoT化する効果や方法などを解説します。

工場の巡回・点検業務を効率化して負荷を軽減する方法

2021-09-22

企業の人手不足が深刻化するなか、自社の工場内で設備・機械の点検業務に多くの労力を要している現場もあるのではないでしょうか。なかでも、アナログメーターの場合は人の目による読み取りが必要になるため、点検者の負荷も大きくなります。この記事では、人手による巡回・点検業務の課題や効率化方法について解説します。

予防保全とは? 事後保全との違いとIoT活用による予知保全を解説

2021-09-22

製造現場で日々稼働している設備や機械を管理して安定した稼働を実現するには、適切な保全活動が欠かせません。保全活動には予防保全・事後保全などがありますが、近年はIoTを活用した“予知保全”も取り入れられています。この記事では、製造現場の設備・機械を適切に管理するための予防保全と事後保全の違い、IoTを活用した予知保全について解説します。

予知保全にAI技術を導入するメリットと活用法

2021-08-30

生産工程で発生するさまざまなデータを蓄積して、AIが持つ学習技術・解析機能を活用することで、設備保全体制の強化につながると期待されています。この記事では、製造現場における予知保全の目的を踏まえ、AI技術の活用方法やメリットなどを解説します。

製造現場の予知保全CBMとは? TBMとの違いやメリットを解説

2021-08-30

モノづくりを行う製造現場では、IoT技術を取り入れた次世代の予知保全であるCBMが登場しています。従来のTBMに比べて、より効率的な設備保全ができると期待されています。本記事では、CBMの基礎知識をはじめ、従来のTBMとの違い、CBM導入のメリットなどをまとめて解説します。