接続インターフェース

connection interface
用語の意味

インターフェースとは、直訳すると「境界面」「接点」という意味です。何かと何かの二者間の間で橋渡しとなるものです。IT関連では、二つものが接続・接触する箇所や、両者の間で情報や信号などをやりとりするための方法や規約を定めたものを意味します。

もっと深く語るなら

「つなげたかったのに、つなげなかった」と、誰しも一度はこのような経験があるのではないでしょうか。今では家電から業務機器まで、色々な接続インターフェースが搭載されています。各種機器の特徴やよく使われる機能をもとに、機器にはそれぞれに合わせた接続インターフェースが組み込まれています。そのため、ユーザーの想定ニーズを機器に反映することが利便性につながり、また選ばれる理由の一つとなる重要な要素となります。

CONEXIOBlackBearの場合…

豊富な接続インターフェースを取り揃えています。
そのため、さまざまな機器やセンサーと接続可能です。
詳細については、技術ガイドブックをご覧ください。

関連ページ

エッジコンピューティング・ゲートウェイ CONEXIOBlackBear

 取扱説明書ダウンロード

 技術ガイドブック

企業のIoT化をコネクシオがサポートします

5分で理解できる!
Smart Ready IoTソリューションセット
ご質問やご要望はこちらから
お気軽にお問い合わせください