製造業が抱える壁を乗り越え省力化
生産性向上をどう実現するか 

従業員の高齢化に伴う労働力不足や、熟練工のリタイヤによって技術伝承が途切れ、若手が育たない。また、ドカ停による製造ラインが止まってしまう事に対する対策に悩む製造工場は後を絶ちません。

慢性的な労働力不足や、熟練した技術力の低下を防ぎ、品質や製造効率向上に努めながら、工場全体の生産性を高めるにはどのような対策を製造業は今後取るべきなのでしょうか。本書では”AI・AR"を組み合わせたIoTを活用することで、多くの工場責任者が抱える上記のような課題を一気に解決できる術をご紹介いたします。

【こんな方におすすめの資料です】

  • 製造現場の人手不足を課題に感じている
  • 機器が故障する前に予兆検知したい
  • AIやARの技術を使い製造現場の働き方を変えていきたい