Smart Ready IoT
ソリューションテンプレート オプション
 
セキュアパック 

IoTのセキュリティ機能を強化するオプション
IoTゲートウェイに対する攻撃・不正アクセスを防止

「Smart Ready IoTセキュアパック」は、IoTゲートウェイに対する攻撃・不正アクセスを防止し、
内部挙動を監視するとともに、異常時には管理者へ通知することが可能になります。

IoT機器のセキュリティ対策の重要性

昨今、IoT機器を主なターゲットとするマルウェア「Mirai」「WannaCry」が出現するなど、IoT機器におけるセキュリティ対策の重要性が高まっています。

不十分なセキュリティによるリスク

被害リスク

・IoT機器の乗っ取りやデータ漏洩・盗聴

・接続されている機器(カメラ、設備、車両、スマートロックなど)を勝手に操作される

加害リスク  自社のIoT機器が勝手にDDoS攻撃(*1)の踏み台に使われ、公共機関や他社等の重要システムへの攻撃に加担してしまう

本オプションはこのようなリスクからIoT機器を守り、IoTサービスのセキュリティレベルを向上します。

「Smart Ready IoTセキュアパック」システム構成図

「セキュアパック」はトレンドマイクロ株式会社のIoTセキュリティソリューション「Trend Micro IoT Security(TMIS)」のAgentをゲートウェイに搭載。
IoTサービスのセキュリティレベルを向上します。

※「Smart Ready IoT ソリューションテンプレート」全種類に適用可能です。

「セキュアパック」導入をお勧めするIoTシステム

設備や機器を制御しているシステム

センシティブな情報(監視カメラや社会インフラに関わる情報など)を扱うシステム

IoTゲートウェイに接続されている機器(センサーやカメラなど)に、セキュリティ機能が備わっていないシステム

閉域網(VPN)を使わず、IoTゲートウェイを直接インターネットに接続している、もしくはそうせざるを得ないシステム

機能と特長

  • トレンドマイクロ株式会社のIoTセキュリティソリューション「Trend Micro IoT Security(TMIS)」のAgentを当社IoTゲートウェイ「Armadillo-IoT G3L (以下、「Armadillo」)」に搭載し、以下の機能を実装。
    • 【入口対策】不正な機器からのアクセスを防止、脆弱性への攻撃を防止
    • 【出口対策】遠隔操作サーバ(C&Cサーバ(*2))や不正なWebサーバへの接続を防止
    • 【内部対策】不審なアプリケーションの起動を防止(アプリケーションホワイトリスト)
       
  • TMISによるセキュリティ監視および当社監視エージェントによるArmadilloの死活監視を行い、異常時には登録管理者へメールで通知
     
  • ArmadilloのOSやファームウェアのアップデートをリモートで実行可能。これにより、Linuxやファームウェアなどの脆弱性対策を容易化
セキュアパック 各種対策イラスト

提供開始予定

オプション名 概要

提供開始時期

Smart Ready IoT

セキュアパック

IoTゲートウェイの監視およびセキュリティ強化機能

2019年1月21日

このサービスの関連プロダクト

ソリューションテンプレート

本オプションを適用可能なソリューションテンプレートをご紹介します。

Armadillo-IoT G3L

小型なのに高性能、コストパフォーマンスも高いIoTのゲートウェイ。


TRIBE-biz

VPNにも接続可能なモバイルネットワークサービス


IoTの課題・お悩み
お気軽にご相談ください